農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 誠和アグリカルチャが販売戦略会議を開催 ペンタキープ中心に情報

誠和アグリカルチャが販売戦略会議を開催 ペンタキープ中心に情報

誠和アグリカルチャが販売戦略会議を開催 ペンタキープ中心に情報
誠和アグリカルチャ=大出祐造社長、栃木県下野市柴262―10=は、3月16、17の2日間、神奈川県内にある川崎日航ホテルにおいて、「第1回株式会社誠和アグリカルチャ販売戦略会議in川崎」を、全国の主要なペンタキープ販売代理店24社とバイオスティミュラント的資材の新商材メーカー6社が参加して開催し、有意義な情報が得られた会議となった。

 同会議では、同社の5―アミノレブリン酸配合液肥の「ペンタキープ」の優れた使用事例が、キャベツ、ニンジンなどの園芸作物、桃やミカンなどの果樹、カンショや大豆などの畑作、米や麦などの穀類に関して各販売代理店から発表されたとともに、光合成細菌培養キット「くまレッド」による水田作物(水稲、レンコン)の増収効果を示す事例が、製造元のCiamo(熊本県熊本市、古賀碧社長)から紹介された。
 今回の会議は、「みどりの食料システム戦略」の2050年の化学肥料30%減目標が、現在、注目されているバイオスティミュラント的資材を効果的に使用することでも実現できる可能性が大きく、農業資材業界の新たなビジネスチャンスと考える同社の想いを共有するために開催されたもの。
 植物の光合成能力を向上させる「ペンタキープ」、健全な根圏環境を保ちスムーズな吸肥力を維持する「くまレッド」の同社の主力2商品に関しては参加各社による優れた事例発表があり、特に充実した内容となった。
 また、ブドウ果皮の生理障害を軽減させる「イオニック・リキッド」、ほぼ100%吸収ができる海洋ミネラル「ミネラルリッチ液」など上市前の新商材に関しては、各メーカーから事例ワークの募集などが行われた。
 新型コロナウイルスの影響などのため、開催は7年ぶりとなったペンタキープ販売代理店による事例交換会議だったが、参加者から「とても有意義な事例情報を集めることができ、減肥対応と手取り維持に悩む農家に有益な情報を直ぐにでも提案できそう」などの声が寄せられ、好評であった。
 同社は日本においてはもちろんのこと、欧州やアジア諸国においても、取扱うバイオスティミュラント的資材の事例ワークに努め、作物への効果を明らかにし、農家がそれらの資材を解り易く、かつ使い易くなる情報ツールを整えることで、営農力の向上に貢献していく取り組みを積極的に進めていく考えである。
 特に世界戦略では、継続的なイノベーションで世界に農産物の生産性向上をもたらす製品を提供するという考え方により、2023年度から、より戦略的に取り組んでいく方針としている。

関連記事

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

横山選手が総合2位 JLCで今井選手と躍動 やまびこ 

横山選手が総合2位 JLCで今井選手と躍動 やまびこ 

ポータブル電源発売 約60分で80%の急速充電 ウィルビー 

ポータブル電源発売 約60分で80%の急速充電 ウィルビー 

猛暑対策として評価 が高まるウルトラファインバブル カクイチ

猛暑対策として評価 が高まるウルトラファインバブル カクイチ