農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 故障診断アプリ 米国で「M5」にも対象拡大 クボタ

故障診断アプリ 米国で「M5」にも対象拡大 クボタ

クボタ(北尾裕一社長)は、農業機械・建設機械の故障診断アプリ「Kubota Diagnostics(クボタ・ダイアグノスティクス」をアップデートし、対象製品を拡大した。
 Kubota Diagnosticsは機械のサービスエンジニア向けのスマホ用アプリで、米国でサービスを展開している。運転席に表示されるエラーコードや発生症状から故障箇所をスムーズに特定する診断フローを提供し、また3DモデルやAR(現実の風景にバーチャルな視覚情報を重ね合わせて表示する技術、拡張現実)による点検箇所の提示で診断作業をサポートすることで、機械の停止時間削減に寄与する。
 2020年のサービス開始時は小型建機の一部製品が対象だったが、今年7月7日に、トラクタM5シリーズ(92馬力〜105馬力)を対象製品に追加した。M5シリーズは米国で販売されている中型トラクタの代表的な機種であり、このアップデートによって、より多くのユーザーのダウンタイム削減を実現することが可能になる。
 クボタでは「今後もKubota Diagnosticsの対象製品・地域の拡大を進め、アフターサービスの品質向上に努めていきたい」としている。

関連記事

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有