農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > クボタの北米研究開発拠点 本格始動、北米事業拡大

クボタの北米研究開発拠点 本格始動、北米事業拡大

クボタの北米研究開発拠点 本格始動、北米事業拡大

北米研究開発拠点 本格始動、北米事業拡大

 クボタ(北尾裕一社長)は、研究開発体制のグローバル化の一環として、米国に研究開発拠点を新設した。同社では、事業のグローバル化に伴い、日本国内での基幹技術に関わる研究開発の強化と共に、海外現地での地域ニーズに適合した製品開発や技術力の強化を進めているが、このほど北米での研究開発拠点が本格始動、北米事業の更なる拡大が期待される。 北米は、同社の機械事業にとって最大の市場であり、これまで製造・販売の現地化を進めるなどし、事業を拡大してきた。
 このほど、北米を中心に事業を展開している芝刈機とユーティリティビークル、トラクタ用インプルメント等の新たな研究開発拠点を設立し(2019年に建設用地買収し準備を進めてきた)、現地人が主体となり現地のニーズに適合した製品をスピーディに開発する体制を整えた。
 今後、日本の研究開発拠点や現地の製造・販売拠点との連携を深め、北米での更なる事業の拡大を図っていく。
【北米の新研究開発拠点の概要】▽会社名=Kubota Research&Development North America Corporation(KRDNA)▽設立=2022年1月▽稼働時期=2022年4月▽所在地=アメリカ・ジョージア州▽投資額=約99億円。
【クボタのグローバル開発拠点】2016年5月にASEAN地域での農業機械事業の更なる拡大に向けてタイ・ナワナコン工業団地に新設。また2021年1月には欧州畑作市場攻略に向けフランス・クレピアンバロア市に新設した。

印・EL社の子会社化完了

 クボタ(北尾裕一社長)は4月13日、インドの農機大手エスコーツ社(Nikhil Nanda会長兼社長、ハリヤナ州、以下、EL社)に対する第三者割当増資引受及び株式公開買い付けを完了(子会社化)したと発表した。EL社はクボタが発行済み株式5911万2970株(所有割合44・8%(2020年3月公表のクボタのEL社に対する出資に伴い、2021年12月27日に完了したESCORTS BENEFIT AND WELFARE TRUSTが保有するEL社の株式1225万7688株の無償減資(以下、第1回減資)、および、本第三者割当増資引受後のEL社の発行済株式数1億3194万604株を前提として算出))を所有するクボタの連結子会社となった。買収に要した資金は約750億ルピー(日本円約1200億円。足元の為替レートである1ルピー1.6円で換算)。当該金額は買付け株式数に公開買付価格である1株当たり2000ルピー(日本円約3200円)を乗じて算定している。
【今後の見通し】インド証券取引委員会規則その他の適用法令等に従い、EL社の上場子会社であるEscorts Finance Limitedの株式についても発行済み株式数の26・0%を上限に同社の株式に対する公開買付け(取得予定価額:最大5320万ルピー、日本円約8510万円(1ルピー1.6円で換算)を進めていく。
 また法令上必要な手続きの完了、その他の必要条件の充足を前提とした第2回減資の手続き及びEL社を存続会社、クボタとEL社の間の合弁の販売子会社であるクボタ農業機械インド㈱及び製造子会社であるEscorts Kubota India Private Limitedをそれぞれ消滅会社とする吸収合併を行う予定だ。

関連記事

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断  システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断 システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機