農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 全国平均作柄100に 「東高西低」の傾向依然続く ~3年産米~

全国平均作柄100に 「東高西低」の傾向依然続く ~3年産米~

全国平均作柄100に 「東高西低」の傾向依然続く ~3年産米~
農水省は10月12日、令和3年産水稲の作付面積及び9月25日現在の予想収穫量をまとめた。
 全国平均の10aあたり予想収量は対前年産比8㎏増の539㎏となった。これは、6月下旬から7月上旬の日照不足、8月中旬からの低温、日照不足等の影響がみられる地域がある一方、北海道及び東北では全もみ数が平年以上に確保され登熟も順調に推移していると見込まれていることが影響した。

関連記事

日本国内で初確認 トマトキバガが熊本で

日本国内で初確認 トマトキバガが熊本で

農地面積は399万ha 令和2年の農用地区域内

農地面積は399万ha 令和2年の農用地区域内

配送ロボの公道走行など次期国会で法改正へ 地域の活力創造本部で明らかに

配送ロボの公道走行など次期国会で法改正へ 地域の活力創造本部で明らかに

4年産米は4万ha削減必要 生産量見通し675万t 5年6月末在庫200万tに

4年産米は4万ha削減必要 生産量見通し675万t 5年6月末在庫200万tに