農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 水稲栽培での秋冬期の雑草防除 (公財)植調協会研究所試験研究部長 濱村謙史朗

水稲栽培での秋冬期の雑草防除 (公財)植調協会研究所試験研究部長 濱村謙史朗

水稲栽培での秋冬期の雑草防除 (公財)植調協会研究所試験研究部長 濱村謙史朗
栽培期間中に生育した水田雑草を稲刈り後に放置すると、雑草は生育を続け種子や塊茎を形成する。早期栽培や早植え地帯では、収穫後も暖かい日が長く続くため種子や塊茎数が多くなる。近年は温暖化の影響もあり、収穫後の気温は寒冷地でも下がりにくく、残存雑草にとっては種子や塊茎を残すのに好都合である。本稿で取り上げる秋冬期の雑草防除は、翌春の雑草量を減少させるのに有効な手段となる。以下、水稲刈跡の本田及び水田畦畔における雑草防除のポイントを解説する。

関連記事

土づくり技術向上 農政への提言精力的に ~全肥商連総会~

土づくり技術向上 農政への提言精力的に ~全肥商連総会~

農薬の安全の確保 食品安全委員会が報道関係者と意見交換

農薬の安全の確保 食品安全委員会が報道関係者と意見交換

日植防シンポ AI等の利用に向け 新時代の病害虫診断と予察

日植防シンポ AI等の利用に向け 新時代の病害虫診断と予察

10~7月農薬出荷金額は3206億円 量・金額ともに増加

10~7月農薬出荷金額は3206億円 量・金額ともに増加