農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 消費を見据えた米生産を 統計にみる米消費の現状 消費量は1.4%増加 家庭内消費が伸びけん引

消費を見据えた米生産を 統計にみる米消費の現状 消費量は1.4%増加 家庭内消費が伸びけん引

消費を見据えた米生産を 統計にみる米消費の現状 消費量は1.4%増加 家庭内消費が伸びけん引
人口減少、嗜好の変化により国内の主食用米需要も減少している。しかし、主食である米は97%と高い自給率を維持しており食料安全保障の面からも米の生産力維持は重要だ。また、近年はコメの輸出も国が強力に推進しており、まだまだ数量は小さいものの、取り組みようによっては大きな活路となる分野となってきた。国内販売においても、海外輸出においても、今後重要となってくるのは実需者に合わせた生産だ。まずは足元、国内の消費の現状からみてみたい。

関連記事

全国の作況指数101に 予想収穫量700万7000t 九州等で前回予想上回る ~3年産米~

全国の作況指数101に 予想収穫量700万7000t 九州等で前回予想上回る ~3年産米~

荒茶生産量2万1100t 令和3年産一番茶前年並

荒茶生産量2万1100t 令和3年産一番茶前年並

大豆作付面積3%増 他作物から転換等で ~令和3年産~

大豆作付面積3%増 他作物から転換等で ~令和3年産~

耕地面積は434万haに 田・畑ともに前年比0.5%減少 ~令和3年~

耕地面積は434万haに 田・畑ともに前年比0.5%減少 ~令和3年~