農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 作付面積

作付面積

新しい順  古い順
2021/09/13

令和2年度作付延べ面積399万ha 田の耕地利用率は0.1ポイント増

農水省は9月7日、「令和2年農作物作付(栽培)延べ面積及び耕地利用率」を公表した。 それによると、田畑計の作付(栽培)延べ面積は399万1000haで、野菜、飼料作物等の作付面積が減少したことから、前年に比べ2万8000ha(1%)減少。田畑計の耕地利用率は91・3%で、前年に比べ0・1ポイント低下した。 このうち、田の作付(同)延べ面積は220万9000haで、前年並となった。田の耕地利用率は9...

令和2年度作付延べ面積399万ha 田の耕地利用率は0.1ポイント増
2019/10/07

水田作付状況 主食用米は137万ha

農水省はこのほど、令和元年産の水田における作付状況(令和元年9月15日現在)をまとめた。 それによると、全国の主食用米の作付面積は都道府県ごとに増減があるものの、前年実績(138.6万ha)から0.7万ha減少し、137.9万haとなった。主食用米の作付面積の平成27年産からの5年間の推移をみると、27年産140.6万haあったものが、その後、28年産138.1万ha、29年産137.0万ha、3...

水田作付状況 主食用米は137万ha
2019/10/01

田の利用率が上昇 農作物の作付延べ面積

水田のフル活用が課題となっているが、耕地面積を100とした農作物の作付(栽培)延べ面積の割合を示す耕地利用率は水稲で10年ぶりに上昇となったことが農水省の調査で分かった。これは同省が10日付で公表した平成30年「農作物作付(栽培)延べ面積及び耕地利用率」によるもの。それによると、平成30年の田畑合計の作付(栽培)延べ面積は404万8000㌶で、前年に比べて2万6000㌶(1%)減少。これにより田畑...

田の利用率が上昇 農作物の作付延べ面積