農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > キャニコム

キャニコム

新しい順  古い順
2021/05/24

キャニコムがラジコン下刈作業機発売へ 〝アラフォー傾子〟の姉妹機

筑水キャニコム(包行良光社長)は、このほど林野庁補助事業(令和2年度林業成長産業化総合対策補助金等、林業イノベーション推進総合対策のうち省力化機械開発推進対策)により、ラジコン式下刈り作業機の開発事業が完了し、実証実験を行った。今後、量産に向けて実演を希望する全国各地の現場で行い、更に改良を加えた後、2022年3月の発売を予定。

キャニコムがラジコン下刈作業機発売へ 〝アラフォー傾子〟の姉妹機
2021/04/05

キャニコム役員新体制

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=は3月19日、第66回定時株主総会を開催、役員体制を決定した。 新体制では、世界初商品の開発による社会課題の解決を通じた、企業価値の更なる向上を目指し、経営基盤とものづくりにおけるビッグチェンジを推進する。

キャニコム役員新体制
2021/03/15

「アラフォー傾子」が大賞 ~キャニコム~

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=のラジコン式ハンマーナイフモア「アラフォー傾子」が、このほど「第31回読者が選ぶネーミング大賞」(日刊工業新聞社主催)で〝大賞〟を受賞した。表彰式が3月10日に都内のホテルで行われた。 ネーミング大賞は、昨年発売され、ヒットし話題になった新商品・新サービスのネーミングの中から、内容を的確にかつ感性豊かに表現したものが選ばれる賞。今回は...

「アラフォー傾子」が大賞 ~キャニコム~
2021/02/08

造林作業の機械化へ キャニコムがコンサルティングサロン

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=は昨年12月9日、宮崎県日南市で、南那珂森林組合の協力のもと「造林作業の機械化に向けたキャニコムコンサルティングサロン」を開催、林業関係者から注目を集めた。 コンサルティングサロンとは、キャニコム独自の技術や知識を活かし、林業をはじめ、市場それぞれに合った作業体系をユーザーと共に構築するもの。作業自体の変革、軽労化、省力化など現場によ...

造林作業の機械化へ キャニコムがコンサルティングサロン
2020/11/30

キャニコム役員新体制

キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=はこのほど、役員新体制を内定した。2021年3月開催予定の定時株主総会と取締役会で決議する。敬称略。【取締役体制】 ▽代表取締役会長・取締役会議長=包行均 ▽代表取締役社長・経営全般、財務・ICT統括=包行良光 ▽取締役副社長経営役員・事業統括=西村峰利(新任) ▽同専務経営役員・ものづくり統括=中村公徳(同) ▽同常務経営役員、製造・調...

キャニコム役員新体制
2020/10/05

キャニコムの山もっとジョージ実演 関東森林管理局茨城で機械下刈検討会

関東森林管理局茨城森林管理署主催による「多目的造林機械による機械下刈現地検討会」が9月30日、茨城県高萩市内の国有林現場で行われた。林野庁や森林総研、地元素材生産業者などが来場。造林事業の低コスト・省力化を目的にキャニコム(包行良光社長、福岡県うきは市)が開発した『山もっとジョージ』が樹齢50~60年のスギの切り株を3分前後で粉砕しながら下刈りしていく様子を披露した。 現在、森林伐採後の再造林が急...

キャニコムの山もっとジョージ実演 関東森林管理局茨城で機械下刈検討会
2020/07/27

キャニコムが新工場建設に向け起工式 21年9月稼働目指す

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=は7月15日、地元の久留米・うきは工業団地に建設する新工場「演歌の森うきは」の起工式を行った。2021年9月の稼働を目指している。 新工場は約42億円を投じて建設する。敷地面積約5・17万㎡で、主に中型・大型産業用運搬車、大型草刈機などを生産する。最新鋭のプレス設備を導入し、生産能力は現工場の3倍になる見込み。安全安心な製品を提供する...

キャニコムが新工場建設に向け起工式 21年9月稼働目指す
2020/07/13

キャニコムが新工場の設立に向け 福岡県・うきは市と立地協定を締結

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=は、新たな生産拠点「演歌の森うきは」の新設に向けて7月3日、福岡県庁で福岡県及びうきは市と立地協定を締結した。 新工場「演歌の森うきは」は、2021年秋の稼働を予定しており、主に生産予定の中型・大型産業用運搬車、大型草刈機は、昨今の震災や豪雨により被害を受けた、山林の造林作業や河川を整備する機械として、大いに期待されている。

キャニコムが新工場の設立に向け 福岡県・うきは市と立地協定を締結
2020/07/06

キャニコムから小型ラジコン草刈機 急斜面の草刈作業に特化

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=はこのほど、ラジコン式ハンマーナイフモア「アラフォー傾子(けいこ)」を新発売した。中山間地域や河川敷の法面など作業の難しい急斜面で力を発揮する。 ユニークなネーミングは、「40度前後の傾斜地での草刈り作業が可能になる」ことから命名。傾斜の多い地域では、草刈り作業時に転倒の危険性が高く、乗用草刈機等での管理では安全性に限界があった。

キャニコムから小型ラジコン草刈機 急斜面の草刈作業に特化
2020/06/01

キャニコムが草刈りを疑似体験 久留米工大とVRを制作

築水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=はこのほど、久留米工業大学(久留米市、今泉勝己学長)工学部情報ネットワーク工学科、工藤達郎研究室と、一般を対象にした草刈疑似体験ができる、VRコンテンツ「VR草刈りの刃」を制作した。

キャニコムが草刈りを疑似体験 久留米工大とVRを制作
2020/06/01

キャニコムがうきは市に新工場 投資額42億円、面積5.17万㎡

築水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=は、地元うきは市の「久留米・うきは工業団地」に、新たな生産拠点〝演歌の森うきは〟を建設すると発表した。主に中型・大型産業用運搬車、大型草刈機の生産工場として、2021年秋の稼働を予定。同工場への投資額は約42億円を見込んでいる。 現工場では、ユーザーニーズに応えられるリードタイムでの量産が困難だった。演歌の森うきは〟は、効率的な量産が...

キャニコムがうきは市に新工場 投資額42億円、面積5.17万㎡
2020/06/01

スマート林業実現へ 開発支援事業の交付決定

林野庁は19日、林業イノベーション推進総合対策のうち、省力化機械開発推進対策の補助事業者に対する交付を決めた。 交付対象とそのテーマは次の通り。 ▽イワフジ工業=横取り架線集材の自動化(先進的な林業機械等の開発・改良事業:ICT等先端技術の活用) ▽筑水キャニコム=急傾斜地での下刈り作業の省力化に向けた小型遠隔操縦式草刈機の開発・改良(先進的な林業機械の開発・改良事業:改良・性能向上) ▽諸岡=先...

スマート林業実現へ 開発支援事業の交付決定
2020/05/18

キャニコムが自律走行の草刈機を福岡空港敷地で実証実験

築水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=はこのほど、〝草刈まさお〞をベースにした「自律走行草刈機」を用い、福岡空港敷地内で実証実験を行った。 今回の実証実験では、準天頂衛星システムみちびきを活用し、指定した範囲内を自律走行することで、走行性・実走時間・刈草の飛散状態等を確認した。実験結果は良好で、実証実験を重ねる予定。 実証実験に使用した車両は、現在同社で販売している乗用草...

キャニコムが自律走行の草刈機を福岡空港敷地で実証実験
2020/03/09

キャニコムの「山もっとジョージ」がネーミング大賞1位

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90―1=の多目的造林機械「山もっとジョージ」がこのほど、日刊工業新聞社が主催の第30回読者が選ぶ〝ネーミング大賞〞ビジネス部門第1位に選ばれた。 同賞は、昨年発表された新商品で、話題となったネーミングの中から、内容を的確に、かつ感性豊かに表現したものが選ばれる賞。記念すべき30周年の年に「山もっとジョージ」が、ビジネス部門第1位を受賞した。

キャニコムの「山もっとジョージ」がネーミング大賞1位
2020/01/27

キャニコム2020年度新役員体制

キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90─1=は、経営方針である「ビジョン300」を実現させるため、2020年度(第66期)の新役員体制を発表した。 短期目標の経営方針である「ビジョン300」は①100年企業‖100年間必要とされる企業②100ヵ国取引‖早期に100ヵ国で求められる企業となる③100億円売上‖早期に100億の売上を実現する―の達成に向け、持続可能性を高め、進化思考を促...

キャニコム2020年度新役員体制
2019/08/26

キャニコムの新型カルーセル・ダンプ 最大積載量3tタイプが登場

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市=はこのほど、排ガス4次規制対応のハイパワーエンジン搭載の不整地運搬車、カルーセル・ダンプ「S300」を新発売した。最大積載量は3t。高い機動性、安全性を備えつつ、コンパクトサイズながらパワーアップしクリーンエンジンを搭載。強靭な足回りに加え、転倒時にオペレーターを保護するなどの新機能を装備した。 カルーセル・ダンプとは、筑水キャニコムが1995年に世界...

キャニコムの新型カルーセル・ダンプ 最大積載量3tタイプが登場
2019/05/13

キャニコムが多目的造林機械発売

筑水キャニコム(包行良光社長)はこのほど、平成30年度林野庁補助事業・森林作業システム高度化対策機開発機、多目的造林機械「山もっとジョージ・OG510KZCYT」を新発売した。本機は、新たにオペレーターフロントガード、伐根粉砕用アタッチなどを搭載、加えて凹凸の激しい造林地に対応するため、傾斜地用ステップ、スパイク付きクローラを装備。

キャニコムが多目的造林機械発売
2019/03/11

キャニコムの包行会長が郷土愛手記に

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90ー1=はこの程日刊工業新聞主催の第29回「読者が選ぶネーミング大賞」において、同社の太陽光発電所雑草刈専用の乗用草刈機「SUN SUNまさお SUN」がビジネス部門で2位に選ばれた。今回の2位は第17次会の「伝導よしみ」で4位を受賞してから13年連続受賞。 また、包行均会長は同社のシンボル塔に直筆で書き入れた「郷土の仕事場」のメッセージに込...

キャニコムの包行会長が郷土愛手記に
2018/11/26

農水省が12月21日マッチング開催 果樹の新技術実装へ

農水省は、12月21日に農水省講堂で開催する「農業現場における新技術の実装に向けたマッチングミーティング」(第4回果樹)の出展社を発表した。 果樹生産に活用できる各技術テーマでの出展企業は次の通り。 【アシストスーツ】▽ATOUN▽イノフィス▽クボタ▽CYBERDYNE▽サステクノ▽パワーアシストインターナショナル▽ユーピーアール 【鳥獣害対策】▽アイエスイー▽イームズロボティクス▽NTTPCコミ...

農水省が12月21日マッチング開催 果樹の新技術実装へ
2018/05/21

キャニコムで機構改革 ホリゾンタル執行役員体制

筑水キャニコム=包行良光社長、福岡県うきは市吉井町福益90‐1=は各執行役員が会社の経営陣として、統率力・結束力等リーダーシップを遺憾なく発揮してもらうため、ホリゾンタル執行役員制を導入した。 多くの日本企業で見られる、バーチカル(縦)的な職責体制では今後の会社の成長スピードに支障をきたす事が懸念されるため、全執行役員が部門の代表役員という認識を捨て、会社の役員として全部門の状況を的確に把握し、存...

キャニコムで機構改革 ホリゾンタル執行役員体制
  1  2  >>