農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > スチール

スチール

新しい順  古い順
2021/07/12

2種類のブレード付 バッテリガーデンバリカン ~スチール~

㈱スチール(スピッツァー マリオ社長)は、カジュアルユーザー向けバッテリーツールシリーズASシステムの最新ガーデンバリカン「STIHL HSA 26」を7月1日から発売した。2種類のカッティングブレードが付属し、芝生の手入れや庭木の剪定に最適な同機。当面は、STIHL Shop およびSTIHL Partnerのみ販売する。

2種類のブレード付 バッテリガーデンバリカン ~スチール~
2021/06/21

売上高・台数大幅増 スチールの2020年グループ業績

《ドイツ・ヴァイブリンゲン》STIHLは2020年のグループ業績を発表した。グループの2020年売上高は45・8億ユーロ(約5981億円、1ユーロ・130・59円換算・2021年4月27日為替レート)とグローバルな売上成長を達成。前年度の39・3億ユーロから16・5%の伸びを示し、為替レートの影響を除くと、売上高の増加は20・8%となった。 2020年の同グループは、ほぼすべての市場で売上と収益の...

売上高・台数大幅増 スチールの2020年グループ業績
2021/06/07

スチールが新型チェンソー発売 STIHL最大の排気量

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、大排気量のパワフルチェンソー「MS 881」を6月1日から発売した。排気量121・6㎤、出力6.4㎾とSTIHLチェンソーでは最大。大径木の伐採や加工などプロユーザーの使用に適したモデルで、作業やメンテナンスが快適になる様々な機能を搭載している。

スチールが新型チェンソー発売 STIHL最大の排気量
2021/05/31

芝の手入れ手軽で綺麗に 刈幅33㎝・37㎝の2モデル 新型バッテリー芝刈機発売 ~スチール~

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、カジュアルユーザー向けの新バッテリー芝刈機2モデルを6月1日から新発売する。「STIHL RMA 235」は刈幅33㎝で標準バッテリーの使用で300㎡、「STIHL RMA 339 C」は刈幅37㎝で330㎡の芝草が刈れ、広い庭や小規模施設の手入れに最適だ。

芝の手入れ手軽で綺麗に 刈幅33㎝・37㎝の2モデル 新型バッテリー芝刈機発売 ~スチール~
2021/04/26

スチールがバッテリー高技カッター発売 高所の手入れお任せ 長さ自在の新設計シャフト

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は4月26日から、庭師や造園業者などのプロユーザー向けバッテリーツールシリーズ・APシステムのバッテリー高枝カッター「STIHL HTA 86」を発売する。シャフトは工具なしで270~390㎝の範囲で自在に伸縮できるため、高い場所の正確な切断に最適だ。

スチールがバッテリー高技カッター発売 高所の手入れお任せ 長さ自在の新設計シャフト
2021/03/24

雑草の刈取り等最適 新型バッテリー刈払機発売 ~スチール~

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、カジュアルユーザー向けバッテリーツールシリーズAK システムの新たなバッテリー刈払機として「STIHL FSA 60R」を4月1日から発売する。3種類のカッティングアタッチメントが装着可能な同機。雑草の刈り取りや芝生の手入れをするのに最適なモデルだ。

雑草の刈取り等最適 新型バッテリー刈払機発売 ~スチール~
2021/01/25

スチールがカジュアル層へ安全作業促進へ チャップスを特価で チェンソーキャンペーン

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、STIHLShop およびSTIHLPartnerで「チェンソー安全作業促進キャンペーン」を開始する。カジュアルユーザー向け排気量40㎤クラスのSTIHLチェンソー1台購入時にチャップス1着を特別価格で提供するもので、スタートは2月1日から。

スチールがカジュアル層へ安全作業促進へ チャップスを特価で チェンソーキャンペーン
2020/12/21

スチールから新型バッテリー刈払機

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、バッテリー刈払機「STIHL FSA 57」を新発売した。質量はバッテリーとカッティングアタッチメントを含めてわずか3.5㎏と、非常に軽量。フェンスや道路、花壇のキワに生えた草や庭木周りの芝生などの刈り整えに最適。

スチールから新型バッテリー刈払機
2020/11/30

スチールが庭掃除などに最適な新型バッテリーブロワ発売

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、バッテリーブロワ「STIHL BGA 57」を新発売した。一般ユーザー向けで、本体は軽量・コンパクト。庭まわりやマンションまわりの落ち葉やゴミの掃除から洗車時の水切りまで、様々な用途で活用することができるバッテリーブロワだ。

スチールが庭掃除などに最適な新型バッテリーブロワ発売
2020/11/23

軽量でパワフル スチールから新型バッテリーブロワー

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、バッテリーブロワー「STIHL BGA 200」を新発売した。わずか3.2‌kgと軽量ながら、プロの現場でも活躍するパワフルなバッテリーブロワー。大規模な庭園や公園、駐車場、運動場、ゴルフコースなどの広い敷地で、落ち葉やごみを吹き集める作業を効果的に行える。

軽量でパワフル スチールから新型バッテリーブロワー
2020/11/16

スチールが軽量で取扱いやすい新型バッテリー刈払機発売

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、バッテリー刈払機「STIHL FSA 57」を新発売した。2種類のカッティングアタッチメントが装着可能で、質量はバッテリーとカッティングアタッチメントを含めてわずか3.5㎏で操作も簡単。フェンスや道路、花壇のキワに生えた草や庭木周りの芝生などの刈り整えに最適。

スチールが軽量で取扱いやすい新型バッテリー刈払機発売
2020/10/19

MS261シリーズ好評 ハイグレードなプロソー

ハイグレードなプロモデルチェンソーとして愛用されているのが㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=のMS 261シリーズだ。排気量は50・2㎤と林業のプロフェッショナル作業に最適。質量4.9㎏(MS 261 C―M)、出力も3.0‌kWと軽量、高出力で、伐倒・造材・枝払いと様々な作業に使える便利な1台だ。

MS261シリーズ好評 ハイグレードなプロソー
2020/08/31

縁石のキワ作業等に スチールが草刈機用アタッチ新発売

㈱スチール(スピッツァー マリオ社長)は、砂利が多い場所や道路縁石などの草刈り作業に非常に便利な刈払機用アタッチメント「RG」、コンビシステム用コンビツール「RG―KM」を本年9月1日から発売する。このアタッチメント装着により、飛び石などの飛散物で周りの構造物を傷つけてしまうという危険が非常に少なくなる優れものだ。

縁石のキワ作業等に スチールが草刈機用アタッチ新発売
2020/08/24

スチールが最大風力でも低騒音な新型プロ用バッテリブロワ発売

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町2570―1=は、新型バッテリブロワ「STIHL BGA86」を8月24日から新発売した。同機はバッテリーを含まない質量が2.8㎏と軽量ながら、プロの現場でも活躍できるハイパワーなモデル。広い敷地の落ち葉やゴミなどを吹き集める作業を効率良く行うのに最適だ。

スチールが最大風力でも低騒音な新型プロ用バッテリブロワ発売
2020/07/13

STIHLから魅力的な価格が実現したバッテリーガーデンカッター

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、7月16日からSTIHL初となるハンディータイプのバッテリーガーデンカッター「GTA26」の販売を開始する。樹木の剪定や庭木の手入れ、DIY作業にも使え、プロユーザーにもおススメ。当面はメンテナンスに優れた技能を有するスチールショップのみの販売。

STIHLから魅力的な価格が実現したバッテリーガーデンカッター
2020/05/25

STIHLの2019年グループ業績、売上高増加を達成

《ドイツ・ヴァイブリンゲン》STIHLは2019年のグループ業績を発表した。グループの2019年売上高は39・3億ユーロ(約4568億円、1ユーロ・116.24円換算・2020年4月28日為替レート)を達成。前年度の37・8億ユーロから4%の伸びを示したが、為替レートの影響を換算すると、売上高の増加は約2.7%となった。

STIHLの2019年グループ業績、売上高増加を達成
2020/02/29

STIHLMS500i んプロも納得の加速性

昨年10月に㈱スチール(スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町)が発売したエンジンチェンソー「MS500i」がプロユーザーを唸らせている。今回、スチールショップ・シンコー(横浜市戸塚区)の協力を得て昨年11月に購入した勝田鉄心さん(㈱海松屋代表取締役/横浜市、45歳)と今年1月に購入した山口篤則さん(山口ガーデンサービス/、横浜市、47歳)のお二人に今までのチェンソーとの違いや使い勝手など...

STIHLMS500i んプロも納得の加速性
2020/02/10

スチール 新型チェンソー発売 プロ用バッテリーモデル

㈱スチール(スピッツァー マリオ社長)は、プロユーザー向け新型バッテリーチェンソー「STIHL MSA220C―B」の販売を開始した。エンジンチェンソーSTIHL MS201C―Mと同等のパフォーマンスを実現。林業での小径木の伐木や枝打ち作業、造園業での街中の剪定作業や公園管理、薪づくりなど多用途で能力を発揮する。

スチール 新型チェンソー発売 プロ用バッテリーモデル
2020/02/03

スチールが新型背負式刈払機を発売 魅力的な価格を実現

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570-1=は、2月3日から新型背負式刈払機「STIHL FR 235」の販売を開始した。排気量36.3㎤で希望小売価格4万5000円(税別)という魅力的な価格のハイパワーモデル。素早く効率的な作業を求めるユーザーに、是非試用してほしい製品だ。

スチールが新型背負式刈払機を発売 魅力的な価格を実現
2020/01/27

スチール 枝打ち・剪定に最適 新型軽量チェンソー発売

㈱スチール=スピッツァー マリオ社長、栃木県河内郡上三川町多功2570―1=は、1月20日から、新型軽量チェンソー「STIHL MS194 C―E」の販売を開始した。同機は昨年11月に発売された新型軽量トップハンドルチェンソー「MS194 TC―E」とともに、従来機種「MS193」の後継機種となるもの。

スチール 枝打ち・剪定に最適 新型軽量チェンソー発売
  1  2  3  >>