農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 5年秋の農作業安全確認運動 転落・転倒対策徹底 農業者等へ声かけを

5年秋の農作業安全確認運動 転落・転倒対策徹底 農業者等へ声かけを

5年秋の農作業安全確認運動 転落・転倒対策徹底 農業者等へ声かけを
農水省は8月23日、令和5年秋の農作業安全確認運動推進会議を開催した。当日は農作業安全ポスターデザインコンテストの表彰式も行われ、農林水産大臣賞に神奈川県のタンジットルムブーンタナナンさんの作品が選ばれた。一方、会議では、農水省が9月1日から10月31日まで開催する秋の農作業安全確認運動の取組方針について説明。運動のテーマは引き続き「徹底しよう!農業機械転落・転倒対策」とし、農業者への声かけ運動や研修を通じた転落・転倒対策の徹底を図る。

  会議では始めに藤木眞也大臣政務官が挨拶に立ち「農作業事故に対し非常に高い危機感を抱いており、安全対策のさらなる強化が最重要課題と認識している。関係者一丸となった積極的な取組をお願いしたい」と述べた。
 その後、令和5年農作業安全ポスターデザインコンテストの表彰式。農林水産大臣賞にタンジットルムブーンタナナンさん(神奈川県)、農産局長賞に谷脇英樹さん(山口県)、日本農業新聞賞に菊池千裕さん(愛知県)が選ばれた。
 会議では、技術普及課が令和5年秋の農作業安全確認運動を説明。秋の運動はテーマを引き続き「徹底しよう!農業機械の転落・転倒対策」とし、農業者への声掛け運動や研修を通じた転落・転倒対策の徹底を図る。
 また、トラクタメーカー4社が各社の農作業安全対策を報告。井関農機は新型トラクタBFREXシリーズに、令和7年度から安全検査項目となるシートベルトリマインダー、シートスイッチを先駆けて採用し安全装備を強化しているなど説明。クボタは農業者へ独自にアンケート調査を実施。その結果、半数以上が何に取り組むのかがわからないとしていることがわかったことから、農作業安全の合言葉「そ(装着!シートベルト)と(止めて!エンジン)の(飲んでね、お水!)は(背後を確認!)た(タオルは首にかけない!)け(傾斜と道幅に注意)」を考え、普及を図っている。
 三菱マヒンドラ農機は2023年度の取組として作業機の公道対応モデルの生産やシーズン前点検の励行などを実施。ヤンマーアグリはチラシによる啓発のほか、安全講習やホームページ、SNSを活用した農作業安全啓発を実施している。

関連記事

AFICAT 参加企業を募集中 ショールームや展示会へ

AFICAT 参加企業を募集中 ショールームや展示会へ

農水省 水稲の高温対策等 433件の技術ニーズを収集

農水省 水稲の高温対策等 433件の技術ニーズを収集

衆議院を通過 スマート農業新法等 付帯決議で予算確保に言及

衆議院を通過 スマート農業新法等 付帯決議で予算確保に言及

令和6年度病害虫予報第2号発表

令和6年度病害虫予報第2号発表