農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > EV化のモデル実証 JAでんきの認知度向上

EV化のモデル実証 JAでんきの認知度向上

JA全農は、EV急速充電器とEVカーシェアリングの実証を開始した。JA全農では、2030年に向けた中期(令和4~6年度)事業計画の全体戦略である「地域活性化」「環境対策」の一環として、EV化社会を見据えた事業モデルにEV急速充電器の設置とEVカーシェアリングの導入を盛り込んでいる。
 今後は、脱炭素社会の実現に向けて、EVの急速な普及や充電インフラの整備が進むと予想され、将来的には脱炭素化へ向かう地域社会や、ガソリンスタンド撤退が進む中山間地域での移動ニーズに応えた事業の構築が必要であると考えている。
 EV急速充電器は、群馬県吉岡町のJAファーマーズ野田宿店に容量50‌kWの充電器を1台設置し事業化や店舗への集客効果、JAでんきの認知度向上などの副次的効果を検証する。
 EVカーシェアリングは、埼玉県さいたま市にある全農の舎宅に日産リーフを導入し、同会職員をモニターにした実証に取り組む。中期事業計画では地域活性化に向けたスマートシティの基盤づくりに、地域住民の移動手段の提供が課題となっている。
 同会では「実証状況を踏まえ、今後は総合エネルギー部の一部事業所の推進車(EV)を活用した一般開放モデルにも取り組む予定」という。

関連記事

横山選手が総合2位 JLCで今井選手と躍動 やまびこ 

横山選手が総合2位 JLCで今井選手と躍動 やまびこ 

ポータブル電源発売 約60分で80%の急速充電 ウィルビー 

ポータブル電源発売 約60分で80%の急速充電 ウィルビー 

猛暑対策として評価 が高まるウルトラファインバブル カクイチ

猛暑対策として評価 が高まるウルトラファインバブル カクイチ

伊東電機の「テックセンター北関東」リニューアル 最新のマテハン技術体感 

伊東電機の「テックセンター北関東」リニューアル 最新のマテハン技術体感