農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > みどり戦略を推計 農機市場2.5倍、最大6兆円

みどり戦略を推計 農機市場2.5倍、最大6兆円

みどり戦略を推計 農機市場2.5倍、最大6兆円
みどりの食料システム戦略の達成により創出される食料・農林水産業関係の市場規模(2050年)が、2019年比で約2倍となることが農水省の委託調査の結果わかった。新たな市場の創出などにより211~272兆円になると推計した。このうち、農機などの関連投資は最大6・1兆円と2019年比2・5倍に伸びると見込んだ。なお、みどり戦略達成に向けては4月22日、参議院でみどり関連法案が可決、成立した。同法をもとに環境負荷低減の取り組みが推進される。

 農水省は、みどりの食料システム戦略による経済効果でもたらされる市場規模について、委託事業(委託先:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)で調査・分析・推計し、その結果をもとに、みどり戦略が達成した場合の将来の日本国内及び海外におけるわが国食料・農林水産業関連の市場の推計を行った。
 推計では、「令和元年農業・食料関連産業の国内生産額」(合計118・5兆円)及び林業産出額のうち木材・薪炭生産(同0・3兆円)と三菱UFJリサーチ&コンサルティングが推計したわが国外食産業・食品製造業の市場規模(約10・5兆円)をあわせた約129兆円を2019年の市場規模として比較対象に設定した。
 みどり戦略が実現した際の2050年の食料・農林水産業関係の市場規模は最大272兆円となり、2019年(129兆円)と比較して約2倍となると推計された。産業別にみると、農林水産業は最大で25・3兆円と約2倍(2019年12・7兆円)、海外展開を含めた食品製造・外食産業が最大165・9兆円と約2・1倍(同77・3兆円)、農業機械等の関連投資が最大6・1兆円で約2・5倍(同2・4兆円)、関連流通・資材業が最大74・3兆円と約2倍(同36・8兆円)の増加となるとした。
     ◇
 みどり戦略については、達成に向けて4月22日に参議院で「環境と調和のとれた食料システムの確立のための環境負荷低減事業活動の促進等に関する法律案」(みどりの食料システム法案)及び植物防疫法の一部を改正する法案が成立している。
 このうち、みどりの食料システム法案はみどり戦略の実現に向け、市町村と県が協同で基本計画を作り、計画にもとづいて取り組みを行う農林漁業者に対して、農業改良資金等の特例や、行政手続きのワンストップ化などの支援を行うこととしている。
 また、法案の附帯決議では、農林漁業者等の特定の者のみに過度な負担をもたらすことがないよう配慮を求めている。
 なお、法案成立にあたっては、参考人質疑でも戦略が掲げる数値目標の妥当性について疑義を呈する声もあった。
 一方、植物防疫法の改正案では、侵入調査事業を法的に位置づけたほか、植物防疫官の権限強化や輸出検疫体制の整備などが盛り込まれている。

関連記事

資源循環型の取組み  バイオコンポスターを納入 ヤンマーeスター

資源循環型の取組み  バイオコンポスターを納入 ヤンマーeスター

目指せ林業プロ 我が社のホープ 地元材でマイホーム 安藤林業の森 靖博さん

目指せ林業プロ 我が社のホープ 地元材でマイホーム 安藤林業の森 靖博さん

サタケ サクセスナイトユーザーに聞く 歩止り維持しつつ綺麗な米 三重県いなべ市の㈱農成會・小川氏 

サタケ サクセスナイトユーザーに聞く 歩止り維持しつつ綺麗な米 三重県いなべ市の㈱農成會・小川氏 

独・ブラベンダー テクノロジー社を買収 工場向け原料供給機メーカー クボタ

独・ブラベンダー テクノロジー社を買収 工場向け原料供給機メーカー クボタ