農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > クボタが鹿児島県徳之島で実証  NEC等と生育、収穫の見える化 次世代型のサトウキビ栽培

クボタが鹿児島県徳之島で実証  NEC等と生育、収穫の見える化 次世代型のサトウキビ栽培

 鹿児島県徳之島の農地面積は奄美群島中最大の約4000haに及び、島の面積の約28%を占めている。その徳之島の基幹作物であるサトウキビは収穫後の時間経過に伴って品質が低下していくため、収穫後速やかに製糖作業を行う必要があり、製糖工場では稼働計画に収穫作業状況を反映させたいというニーズがある。

 現状では収穫作業の稼働状況をタイムリーに把握・共有できていないため、製糖工場ではサトウキビ搬入量の予測が難しく、当日の操業予定時間を長めに設定せざるを得なかったり、操業に必要なサトウキビが搬入されるまでの待機時間が生じる等、影響が出ている。

 同実証実験では、約3000haのサトウキビ農地を管理する南西サービスと協業し、サトウキビ収穫機の稼働情報をクボタの営農支援システム「KSAS」に送信し、機械の位置情報や稼働時間のデータが収穫作業の進捗状況の把握に役立つかを検証する。

 また、サトウキビの単収向上のためには、生育初期の状況を迅速かつ的確に把握し、補植などの追加作業を行う必要がある。現状では目視で生育状況の確認を行っており、多大な労力と時間が必要となっている。同実証実験ではNECの農業ICTプラットフォーム「CropScope」を活用し、衛星・ドローンで撮影した画像のAI解析などによる初期生育状況の把握や収量予測も行う。]

 クボタは実証実験を通じて、サトウキビ生産者や製糖事業者の課題解決に必要なデータを収集・蓄積し、収量・品質の安定化や製糖工場の最適な運営に貢献する、データを活用した次世代のサトウキビ栽培の確立をめざすとしている。
【実証実験の概要】▽開始時期=2022年2月から2年間▽内容=①クボタ営農支援システム「KSAS」を活用した収穫作業の進捗把握②NEC農業ICTプラットフォーム「CropScope」を活用した初期生育状況の把握、収量予測▽場所=鹿児島県大島郡徳之島町▽対象面積=40‌ha。
【主な役割分担】▽NEC(東京都港区)=「CropScope」を活用したデータ分析▽南西糖業(鹿児島県大島郡天城町)=収穫作業の進捗状況と連動した製糖工場の稼働最適化の検討▽南西サービス(鹿児島県大島郡天城町)=実験圃場での確認・農作業と「KSAS」への情報入力▽農業普及課(同県大島郡徳之島町)地域農家への営農指導▽クボタ(大阪市浪速区)=「KSAS」を活用した収穫作業の自動進捗把握機能の企画・開発▽南九州沖縄クボタ(鹿児島県霧島市)=クボタと同。

関連記事

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有