農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > AI活用の栽培管理 BASF子会社と連携し ~JA全農~

AI活用の栽培管理 BASF子会社と連携し ~JA全農~

AI活用の栽培管理 BASF子会社と連携し ~JA全農~
JA全農とドイツの総合化学メーカーBASFの子会社であるBASFデジタルファーミング社は4月1日から、水稲、大豆を対象に、AIを活用した栽培管理支援システム「xarvio FIELD MANAGER(ザルビオ フィールドマネージャー)」の日本におけるサービス提供を開始した。
 ザルビオ フィールドマネージャーは、BASFデジタルファーミング社が提供するサービスで、高精度な予測を実現するために国内外の生育に関するデータ及び学術論文の文献データを基に機械学習によって強化されたAI(人工知能)が搭載され、生産者の栽培管理上の意思決定をサポートする。

関連記事

小橋ホールディングスが健康経営優良法人3年連続の認定

小橋ホールディングスが健康経営優良法人3年連続の認定

三陽機器がトラ用大型草刈機 スライドシュレッダー発売

三陽機器がトラ用大型草刈機 スライドシュレッダー発売

マックスの充電式剪定はさみ 独自の両刃可動が高評価

マックスの充電式剪定はさみ 独自の両刃可動が高評価

レンタルのニッケンが3施設オープン

レンタルのニッケンが3施設オープン