農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 草刈り

草刈り

新しい順  古い順
2021/09/27

アイデックのバッテリー草粉砕機 ゲストハウス郷で大好評

アイデック=伊東潤弥社長、兵庫県加西市北条町粟田182=は、大容量58Vバッテリーと高出力800Wモーターを搭載した、バッテリー雑草粉砕機「うね草取りまーelex」を昨年5月から発売、以降、多くの農家層で草削りツールとして使用され大好評。 「うね草取りまー」は従来の機械やツールが使用しづらい場所で、最適な草削りが可能。雑草を細かく粉砕するので、集草の手間がいらず、効率的な除草が行える。粉砕しつつ生...

アイデックのバッテリー草粉砕機 ゲストハウス郷で大好評
2021/09/13

電気柵の周辺除草に 三陽金属が「プロテクトカッター」発売

三陽金属=五本上照正社長、兵庫県三木市鳥町301―1=は、ワイドカバーが支柱、電線を守る電気柵周辺除草アタッチメント「プロテクトカッター」(実用新案登録)の発売を9月から開始した。 新型アタッチメントの特長は①ワイドカバー=ワイドカバーの外径は刈刃より10㎜大きいため、電気柵の支柱に接触しても、刈刃が支柱に当たることがなく、支柱を切断する恐れがない。また、ナイロンカッターは支柱に巻き付く恐れがある...

電気柵の周辺除草に 三陽金属が「プロテクトカッター」発売
2020/10/05

キャニコムの山もっとジョージ実演 関東森林管理局茨城で機械下刈検討会

関東森林管理局茨城森林管理署主催による「多目的造林機械による機械下刈現地検討会」が9月30日、茨城県高萩市内の国有林現場で行われた。林野庁や森林総研、地元素材生産業者などが来場。造林事業の低コスト・省力化を目的にキャニコム(包行良光社長、福岡県うきは市)が開発した『山もっとジョージ』が樹齢50~60年のスギの切り株を3分前後で粉砕しながら下刈りしていく様子を披露した。 現在、森林伐採後の再造林が急...

キャニコムの山もっとジョージ実演 関東森林管理局茨城で機械下刈検討会
2020/04/20

4種類のコード体感 カルエンタープライズがバラエティセット発売

カルエンタープライズ=木村英志社長、長野県佐久市北佐久郡立科町山部1289―1=は、4種類のナイロンコードと「あんぜんローター〝プチ〟」を組み合わせた軽量安全ローター〝バラエティセット〟を発売した。 草刈用ナイロンコードに特化して原糸から製造販売まで純日本製のナイロンコードと、コードの特性を活かすための最適なカッターヘッドを製造販売する同社。今回発売したバラエティセットは、同社のノウハウが詰まった...

4種類のコード体感 カルエンタープライズがバラエティセット発売
2020/03/16

和同産業がロボット草刈機「クロノス」を納入、草刈り作業を自動化

和同産業(照井政志社長)は、ロボット草刈機「KRONOS(クロノス)」の納入を開始した。同機は天候に左右されずに荒地や雑草地でも自動で草を刈っていくのが最大のポイントで、果樹園の下草刈りなどに能力を発揮。人手不足が顕著化する中で魅力的な価格と相まって、草刈り作業に費やす時間と労力を省く新兵器として注目を集めている。

和同産業がロボット草刈機「クロノス」を納入、草刈り作業を自動化
2019/12/16

和同産業 なし樹園地で実演、来年発売のロボット草刈機

和同産業(照井政志社長)は、12月6日、栃木県農業試験場のなし樹園地で来年発売予定のロボット草刈機「KRONOS(クロノス)MR―300」の実演を行った。同機は、天候・場所・時間を問わず、エリアワイヤーで定めた作業範囲内の草刈り、バッテリーの充電や充電完了後も自動で行い、草刈りを再開するのが特長。現在、先行予約受付を行っている。

和同産業 なし樹園地で実演、来年発売のロボット草刈機
2018/06/18

ササキが電動作業機「スマモ」実演 果樹農家が太鼓判 

ササキコーポレーション(佐々木一仁社長)は6月12日、発売開始した電動リモコン作業機「スマモ」による草刈り作業の実演会を開催した。低く狭い場所の作業を得意とすることもあり、青森県十和田市の大竹農園のブルーベリー畑で実施。会場提供した大竹光雄園主(75歳)は「枝も折らず粒も落とさず木の際まで刈れるので理想的」と太鼓判を押していた。

ササキが電動作業機「スマモ」実演 果樹農家が太鼓判 
2017/08/24

【現地ルポ】天敵の棲む畦を作り斑点米カメムシ類の被害防ぐ 北村製作所のジズライザーハイ50

今、斑点米カメムシ類の防除対策として注目されているのが、北村製作所=北村清司社長、三重県津市庄田町1953-3=の開発した草刈り機用安定板高刈用『ジズライザーHIGH50』を用いた、草丈5㎝を残し畦畔雑草を刈る『高刈り農法』だ。 高刈りは斑点米カメムシ類を捕食するクモやカエルの生息域となる広葉雑草の成長点を残すことで、害虫を寄せ付けない畦を作る。この高刈り農法の確立・実証と『HIGH50』の開発の...

【現地ルポ】天敵の棲む畦を作り斑点米カメムシ類の被害防ぐ 北村製作所のジズライザーハイ50