農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 福島県

福島県

新しい順  古い順
2021/04/12

渡辺理事長が再任 福島県農機商組が総会

福島県農業機械商業協同組合はこのほど、第60回通常総会を開催。今年度は任期満了に伴い役員改選を実施。渡辺信一氏(渡辺機械)が理事長、副理事長に馬場政次氏(マスヤ)、渡部芳崇氏(会津菱農)、専務理事兼事務局長に斎藤満氏が再任されたほか、常務理事に小川正明氏(大一農機店)が新たに就任した。 また、今年度の事業として、7月15・16日、第19回中古農機フェアを開催する。場所は例年どおりプラント―5大玉店...

渡辺理事長が再任 福島県農機商組が総会
2021/03/08

着実な復興と発展へ スマート農業のモデルに 福島イノベーション・コースト構想推進機構がいわき市で先端技術フェア

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構と福島県が主催する「スマート農業・先端技術体感フェア」が2月26・27日、いわき市小名浜のアクアマリンパークで行われた。震災から10年を迎え営農再開の取り組みが進む中、浜通り地域等の農業者、関係機関、就農に興味のある学生等を対象に先端技術や新たな農業情報を知る機会を提供するため、県内外から単独14者とスマート農業実証プロジェクト参加3者の合計17...

着実な復興と発展へ スマート農業のモデルに 福島イノベーション・コースト構想推進機構がいわき市で先端技術フェア
2020/11/23

福島イノベ機構 富岡町で先端技術フェア、学びから人材育成、農業再生へ教育プログラム

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構と福島県が主催する「スマート農業・先端技術体感フェア」が11月16日、富岡町文化交流センター学びの森で行われた。震災から9年以上が経過し、営農再開の取り組みが進む中、浜通り地域等の農業者、関係機関、就農に興味のある学生等を対象に先端技術や新たな農業情報を知る機会を提供するため、県内外から単独14者とスマート農業実証プロジェクト参加6者の合計20者...

福島イノベ機構 富岡町で先端技術フェア、学びから人材育成、農業再生へ教育プログラム
2020/11/09

先端技術体感フェア 11月16日に福島県富岡町で

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構と福島県が主催する「スマート農業・先端技術体験フェア」が11月16日、富岡町文化交流センター学びの森=福島県双葉郡富岡町大字本岡王塚622―1=で開催される。 震災から9年以上が経過し、営農再開が進む中、浜通りの地域等の農業者、関係機関・団体、就農に興味のある学生等を対象に、先端技術や新たな農業の情報等を知る機会を提供するため、県内外から単独14...

先端技術体感フェア 11月16日に福島県富岡町で
2020/07/13

高付加価値産地構想 福島県原発被災12市町村で

農水省は7日、福島県の原子力被災12市町村の営農再開の加速化に向けた広域的な高付加価値産地構想を公表した。構想は、①拠点となる加工施設を核とした取組②阿武隈地域など中山間地での展開を見据えた取組の2つのタイプがある。 福島県の原子力被災12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及飯舘村)は、事故から9年以上経っても、なお営農の再開率が事故前...

高付加価値産地構想 福島県原発被災12市町村で
2020/04/13

元年度福島産流通実態 全国との価格差は未だ

農水省は令和元年度の福島県産農産物流通実態調査結果をまとめた。福島県産農産物などの販売不振の実態を明らかにするため、復興再生特別措置法に基づき福島県産農産物の生産・流通・販売の調査を実施した。 それによると、重点6品目(米、牛肉、桃、あんぽ柿、ピーマン、ヒラメ)について、出荷量は震災前の水準まで回復していない。全国平均との価格差は徐々に縮小しているが、依然として全国平均を下回る品目が多くなっている...

元年度福島産流通実態 全国との価格差は未だ
2019/05/13

「GAPの実施を」 福島県産農産物流通実態調査に基づく指導・助言

農水省はこのほど、福島県産農産物流通自体調査に基づく指導・助言をまとめた。これは今年3月29日に公表した「平成30年度福島県農産物流通実態調査結果」に基づき4月26日付で農水省、復興庁、経産省の連名で同県の卸売業者、小売業者などへの指導・助言をまとめたもの。 生産者への助言については「GAPによる生産工程管理を着実に実施し、福島県産農産物のイメージアップを図ることが有効」、小売業者へは提示、定量出...

「GAPの実施を」 福島県産農産物流通実態調査に基づく指導・助言
2018/01/29

先端農業体験フェア 施設園芸テーマに

農水省は経産省、福島県との共催で1月21日、福島県双葉郡浪江町の浪江町地域スポーツセンターで「先端農業体験技術フェア(施設園芸型農業)」を開催した(関連記事6面)。当日は県内外から農業者を中心に関係者など200名が集まった。また、地元の福島県立相馬農業高等学校の生徒も参加した。 当日は、主催者として、福島県農林水産部の佐藤清丸技監、東北農政局木内岳志局長、経産省福島復興推進グループ福島新産業・雇用...

先端農業体験フェア 施設園芸テーマに