農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t

3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t

3月末 農薬出荷数量 金額3%減2326億円 6.8%減の10万t
クロップライフジャパン(旧農薬工業会、小澤敏会長)は5月16日、2024農薬年度3月末出荷実績(暫定)をまとめた。
 3月末時点の出荷累計は、数量が前年比6.8%減の10万1500t、金額は同3.0%減の2326億7000万円だった。
 使用分野別でみると、水稲は数量で同5.2%減の3万610t、金額は3.0%減の797億200万円。果樹は数量で4.8%減の1万2357t、金額で1.2%減の350億9900万円。野菜・畑作は、数量で10・8%減の3万8519t、金額で3.4%減の838億4500万円。その他(非農耕地・林野・芝・ゴルフ場・家庭園芸)は数量で1.4%減の1万7264t、金額で3.7%減の283億6600万円。分類ナシ(使用分野の分類をしないもの)は、数量で6.7%減の2711t、金額で5.8%減の56億6100万円となっている。
 種類別では、殺虫剤は数量で同10・4%減の2万9213t、金額で同2.2%減の599億1200万円。殺菌剤は数量が同8.1%減の1万9789t、金額で1.5%減の513億円。殺虫殺菌剤は数量が同3%減の9487t、金額で同2.8%減の240億9600万円。除草剤は数量が同4.2%減の4万263t、金額で同4.3%減の917億600万円、植調剤は数量で4.6%減の886t、金額で5.2%減の34億1800万円。

関連記事

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

BS分野で協業へ アリスタと サカタのタネ「ギャクシー」発売 

BS分野で協業へ アリスタと サカタのタネ「ギャクシー」発売 

鈴木工業 土壌改良の処方箋 ミノリーナで生育が安定

鈴木工業 土壌改良の処方箋 ミノリーナで生育が安定

農薬工業会が名称変更「クロップライフジャパン」へ 日本と世界の食と農へ 新ビジョン公表

農薬工業会が名称変更「クロップライフジャパン」へ 日本と世界の食と農へ 新ビジョン公表