農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > フジイ 油圧駆動の4WD 果樹園向け新型乗用草刈機

フジイ 油圧駆動の4WD 果樹園向け新型乗用草刈機

フジイ 油圧駆動の4WD 果樹園向け新型乗用草刈機

 フジイコーポレーション=藤井大介社長、新潟県燕市小池285=の新型4WD乗用草刈機が関心を集めている。〝軟弱地や傾斜地の果樹園、緑地管理〟を主な用途に開発。油圧駆動式にしたことで同社2WDモデルと同等の低い車高に下げられるため、安定した走行を実現。「傾斜地でも快適に作業できるこんな草刈機が欲しかった」と評判も上々だ。

  果樹園は傾斜のある場所に立地することも珍しくないため、強い足回りが求められつつ、走行時の安定性や枝や実を傷つけたり作業中に枝に頭などをぶつけて怪我をしないよう車高の低いモデルが好まれている。
 そうした点を踏まえたフジイコーポレーションの新型4WD乗用草刈機「Mi1022XF」では2WDの乗用草刈機がスリップして作業できない軟弱地や傾斜地でも作業することが可能で、手刈り作業の低減が期待できる。また、2WDと同じ車高と同等まで下げることもでき、より安定性を増して作業することが可能だ。
 更に、新型機では作業を楽にするため様々な機能を採用。その一つがオンデマンド4WD。常に4輪に動力を伝えていくフルタイム4WDではなく、後輪に負荷がかかったときのみ、前輪に動力を伝えるために燃費性能が向上し環境負荷を低減させつつ、不整地や傾斜地で安定した走行を実現する。また、重心を機体中央にとったことで、旋回時や傾斜地でも安定した走行で作業でき、刈取性能に優れる。
 この他、①フロントアクスルにサスペンションを採用したことで前輪から伝わる振動を軽減②足に力を籠めやすいステップ位置に変更したことで傾斜地等でも安定して体を支えられるようにした、などの箇所は是非体感して欲しい点。また、車体をトラックなどに載せて運搬するために固定用フックを前方2つ、後方2つの計4つを装備し、 トラック等での車体の固定を容易にできるようになっている。
 グロス出力は22馬力(ネット出力19・2馬力)で、カバーなどスチール製のためリサイクルも可能。刈幅970㎜。オプションも充実していて、その中の一つである「除雪ブレード」を使えば通年で使うこともできる便利な機械だ。
【Mi1022XFの主な仕様】▽機体寸法=全長1955×全幅1070×全高905㎜▽機体重量=338㎏▽刈幅:970㎜▽刈高さ=30~90㎜▽走行部=駆動方式:HST無段(デフロック付)▽車速前進:0~9.5㎞/h、車速後進:0~5㎞/h▽エンジン=空冷2気筒OHVガソリンエンジン▽燃料タンク=14ℓ▽その他=前照灯標準装備、最大作業能率80a/h(副変速高速時)、使用最大傾斜角度=20度未満。

関連記事

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

山本製作所 ライスセンターの話題 YouTubeで配信

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs