農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > ヤンマーエネルギーシステム 脱炭素社会実現への実証施設 水素発電システム等 岡山試験センター内に開設

ヤンマーエネルギーシステム 脱炭素社会実現への実証施設 水素発電システム等 岡山試験センター内に開設

ヤンマーエネルギーシステム 脱炭素社会実現への実証施設 水素発電システム等 岡山試験センター内に開設
ヤンマーホールディングス=山岡健人社長、大阪市北区=のグループ会社であるヤンマーエネルギーシステヤンマーム=山下宏治社長、大阪市北区、以下、YES=は、YESの岡山試験センター内に、脱炭素化の実現に貢献する水素発電システムなどの実証施設「YANMAR CLEAN ENERGY SITE(以下、同施設)」を9月1日に開設した。

  ヤンマーグループでは、「YANMAR GREEN CHALLENGE 2050」を掲げ、自社だけに限らず、顧客の脱炭素化実現に向け、再生可能エネルギー(以下、再エネ)や水素などの環境に配慮したソリューションの開発を進めている。
 今回、ガスヒートポンプエアコン(GHP)やマイクロコージェネレーションシステム(CHP)を製造するヤンマーエネルギーシステム製造敷地内の岡山試験センターに、水素発電システムや蓄電池などのクリーンエネルギー機器の耐久試験や技術開発およびそれらを組み合わせた最適運用の実証試験を行う同施設を設置した。
 今後、既存の商品に加え、開発を進めるクリーンエネルギー機器を最適に組み合わせ、カーボンニュートラルパッケージとして顧客のニーズに合ったソリューション提案を目指す。さらに自社工場でもクリーンエネルギー機器を活用し、工場全体のカーボンニュートラル化を目指す。
【施設概要】同施設は、①実証:顧客のカーボンニュートラル化への取り組みを迅速にサポートできるよう、カーボンニュートラル関連の開発・実証試験を行うこと②認知:YESがカーボンニュートラル化への取り組みを行っていることを改めて知ってもらうこと③対話:顧客のカーボンニュートラル化への考えや課題を聞き、対話を通してともにその課題を解決していくきっかけの場とすること―を実現するため、同施設に水素発電システムを中心としたクリーンエネルギー機器を設置し、研究開発を進める。脱炭素の取り組みを検討中の顧客向けには、YESの開発の現状への理解を深めてもらう見学コースも準備している。
 ▽開設日=2023年9月1日㈮▽施設名=「YANMAR CLEAN ENERGY SITE」(ヤンマークリーンエナジーサイト)▽所在地=岡山県岡山市東区西大寺新地383―2 ヤンマーエネルギーシステム製造敷地内▽敷地面積=約1000㎡(見学者用ユニットハウス含む)。
《主な実証機器》①水素発電システム=▽水素燃料電池発電システム(自社開発中):低騒音で天候に左右されないエミッションフリーかつ高効率な電力供給を行う。複数台連結により、必要な電力量に合わせたシステム提案も可能となる▽水素混焼エンジンマイクロコージェネレーションシステム(自社開発中):実績のある都市ガス仕様のマイクロコージェネレーションシステム「CP35D2」をベースに、都市ガスに水素燃料を混合した運転を可能にした熱電併給システム。都市ガス仕様と同様に複数台連結により、必要な電力量に合わせたシステム提案も可能となる▽ドイツ2G社製水素燃料エンジンコージェネレーションシステム:需要に合わせた出力制御が可能で、水素運転による熱電供給で大型の案件にも対応する。ヤンマーの高いメンテナンス技術で、導入後のアフターサービスまで一貫して対応。水素100%専焼用と都市ガス・水素混焼用の2台を設置している。
 ②エネルギーストレージシステム(蓄電池、自社開発中)=太陽光発電や水素発電で創り出した余剰電力を蓄え、エネルギーの効率的・安定的運用に貢献する。
 ③水素製造装置=イタリアのEnapter社製水素製造装置では、太陽光発電などの再エネからグリーン水素を製造する。太陽光発電や自社開発中のエネルギーストレージシステム(蓄電池)を組み合わせることで、グリーン電力の供給、デマンドに合わせた電力の確保など効率的な再エネ運用をサポートする。
 ④エネルギーマネジメントシステム(Y―EMS)=ヤンマー製品だけでなく、天候やエネルギー需給状況に応じてさまざまなエネルギー機器を制御し、最適な機器運用を支援する。
【「YANMAR GREEN CHALLENGE 2050」について】ヤンマーグループでは、持続可能な社会を目指し、「YANMAR GREEN CHALLENGE 2050」を推進している。「GHG排出量ゼロの企業活動を実現する」「循環する資源を基にした環境負荷フリーの企業活動を実現する」「お客様のGHG排出ネガティブ・資源循環化に貢献する」という3つの課題に挑戦することで、ブランドステートメントに掲げる〝A SUSTAINABLE FUTURE〟を実現する。

関連記事

エンメイプロ OPCOM製品展示 最新の植物栽培装置など

エンメイプロ OPCOM製品展示 最新の植物栽培装置など

みちのくクボタ夢農業2024 近未来農業の体感 担い手、スーパー担い手へ

みちのくクボタ夢農業2024 近未来農業の体感 担い手、スーパー担い手へ

断面から土壌を観る 緑肥作物の情報提供も  北海道土を考える会

断面から土壌を観る 緑肥作物の情報提供も 北海道土を考える会

大阪・関西万博まで約9カ月 急ピッチで建設進む 世界最大級外周2㎞の大屋根(リング)も

大阪・関西万博まで約9カ月 急ピッチで建設進む 世界最大級外周2㎞の大屋根(リング)も