農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 熊本に新たな拠点 九州営業所を移転オープン 諸岡

熊本に新たな拠点 九州営業所を移転オープン 諸岡

熊本に新たな拠点 九州営業所を移転オープン  諸岡
諸岡=諸岡正美社長、茨城県龍ケ崎市庄兵衛新田町358=は6月28日、熊本市南区八幡に開設した九州営業所新事務所において開設記念式典を開催。販売店、エンドユーザー、同社協力会など約70名が参加した。諸岡社長は挨拶の中で「この拠点は、多くの方に気軽に立ち寄って頂き、様々な情報を共有・提供できる場にしていきたい」と語った。


       新事務所の外観

 冒頭、挨拶に立った諸岡社長は「私どもは様々な建設機械、林業機械、産業機械を製造・販売しているが、九州地区は、これらの機械を満遍なく使って頂いている地域で、この九州営業所は諸岡にとって、本当に重要な拠点の1つとなる。この場所、建屋はクボタ建機ジャパン様から譲り受け改装したが、お客様のサポートをさせて頂ける素晴らしい場所になった」と述べた。
 来賓祝辞は、南国建機サービス㈱の濵田洋一社長と㈱豊田工業所の豊田昌裕社長。濵田社長は「諸岡さんは、これまで時代の変化に対応し、ユーザーのニーズに応え多くの機械を世の中に出してきた。これからもあっと驚くような機械を出して頂けるものと確信している。この立派な九州営業所が拠点となり、私共とWIN―WINの関係を保ちながら、共存共栄していくことを期待している」と述べた。また、豊田社長は「この拠点が諸岡さんの九州の拠点として、ますます発展されることを大いに期待している」と話した。
 その後テープカット。結びの挨拶は諸岡昇副社長。「この地に根を張り31年目。本日、心を新たにし新社屋で社員一同、皆様に少しでも恩返しし、お客様にさらなる満足を与えられるよう、精進してまいりたい」と述べた。
 また式典後、研修室で食事会。皆で新営業所の門出を祝った。
 九州営業所の竪道慎一所長は「九州地区の販売の拠点としてより良い提案を行っていきたい。今回は整備工場も併設しているので、弊社のユーザー様によりきめの細かいサービスを提供できる。ユーザー様のご要望に応え、地域の発展に貢献できるよう日々の業務に邁進して参りたい」とコメントした。
《開設の経緯》諸岡九州営業所と工場を初めて建設したのは30年前の1993年。熊本市の隣の宇土市に建設したものの、バブル崩壊の煽りを受け、一度撤退していた。その後、2008年に㈱南陽の支援を受け、熊本市内の富合に再度進出していた。しかし、近年の需要の拡大を受け、若干以前の営業所が手狭になったことから新しい場所を探すことになったという。その際、クボタ建機ジャパンが同時期に新しく営業所を作るため、諸岡が今回新設した営業所の場所が空くことから、同社から社屋や敷地を譲り受け、諸岡の新営業所として開設となった。
《諸岡九州営業所の概要》▽住所:熊本県熊本市南区八幡5―16ー23▽土地面積:3214・11㎡▽建物構造:鉄骨2階建▽床面積:1階420・45㎡、2階170・10㎡、延べ床面積590・55㎡▽設備:1階は事務室、会議室、整備工場、社員用シャワー室が完備。2階は研修室。▽新事務所開所日:2023年6月28日▽電話:096―358―8030。

関連記事

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

山本製作所 ライスセンターの話題 YouTubeで配信

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs