農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 土量調製機能が進化 トラ用可変整形ロータリ アグリアタッチ

土量調製機能が進化 トラ用可変整形ロータリ アグリアタッチ

土量調製機能が進化 トラ用可変整形ロータリ アグリアタッチ
アグリアタッチ研究所=笹岡弘和社長、静岡県富士市北松野1204=は、2点リンク装着方式のトラクタ用可変整形ロータリのモデルチェンジ機を新発売した。平高うね用・平うね用・小うね用の3シリーズで、トラクタ馬力は11~18‌PS。土量調整機能の可変領域を広げて調整量を向上。各メーカートラクタカラーとの一体感を高めるために塗装色も変更している。

 うね立てマルチ作業の省力化と高能率化を追求した製品の開発を進めている同社。今年1月から発売した新商品も従来機の良さはそのままに、作業を楽に・スピーディに行えるよう各機構をバージョンアップさせた。
 発売したのは「可変平高うね整形機VER」、「可変平うね整形機VFR」、さつまいも・じゃがいも・さといもに最適な「可変小うね整形機VBR」の3シリーズ。2点リンク直装方式(各種あり)で、それぞれ同時マルチ張りが可能なハイマルチをオプションで用意している。
 第一のポイントは塗装色の変更。ロータリーカバーを各メーカーのカラーに合せたことでトラクタとの一体感をアップさせている。また、土量調整機能「可変機構」の可変領域も1.5倍に広がり、土量の調整量を拡大。可変機構をより円弧に近い動きに見直すことで、土量の変化量も安定させることを可能にした。この他にも、①軽量形ロータリのために小型トラクタへ装着した際の機体バランスが良く作業に適している②他社商品との組み合わせで畝立て同時施肥作業や同時播種作業が可能③消毒機は自社製をマッチング済みで現地加工無しで取付け可能④次のトラクタの走行位置を示すマーカーの併用で、トラクタの運転をサポート⑤広溝セットや灌水チューブとの併用でハウス内の作業にも適している、といった点も特長だ。各機の作業寸法などは次の通り。
【可変平高うね整形機VER】平高うねE15D▽うね肩幅=50~115㎝▽うね高さ=10・15・20・25・30㎝▽うね裾幅=60~125㎝▽適応マルチ幅=85~150㎝▽オプション=平高うねハイマルチR318DE。
【可変平うね整形機VFR】平うねF15D、カッコ内はF18D▽うね肩幅=50~120(70~150)㎝▽うね高さ=5・10・15・20㎝▽うね裾幅=55~125(90~155)㎝▽適応マルチ幅=95~150(135~180)㎝▽オプション=平うねハイマルチR318DF。
【可変小うね整形機VBR】小うねB3D▽うね高さ=20~32㎝▽うね裾幅=40~65㎝▽適応マルチ幅=75~120㎝▽オプション=小うねハイマルチR5D。
 整形器角度可変ハンドルにより、整形機の角度を徐々に変えることで土量調整ができ、ほ場に合わせた最適なうね作りができる同機。ハイマルチ以外のオプションも充実しており、作物に合わせて最適な機種や組合せを選択して欲しい。

関連記事

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有