農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > クボタがGS仕様田植機1万台突破で島根で記念セレモニー

クボタがGS仕様田植機1万台突破で島根で記念セレモニー

クボタ(北尾裕一社長)が2016年に業界で初めて発売した「直進キープ機能付き田植機(GS仕様田植機)」が、11月までの国内外での累計販売台数1万台を突破した。GPSの位置情報を活用し、ぬかるみや凹凸があって操縦が難しい水田でも、ハンドル操作をしなくてもまっすぐ走行できる田植機。高齢化や人手不足を背景に年々販売台数が伸びている。

 1万台突破を記念し、クボタは12月14日、島根県出雲市斐川町のJAしまね本店斐川事務所で「GS仕様田植機販売累計1万台突破記念セレモニー」を開催した。
 1万台目となるGS仕様田植機「NW8S」を購入したのは、同町の一本松営農組合(山根猛組合長)。セレモニーでは、クボタ常務執行役員で作業機事業部の庄村孝夫部長から山根組合長に、田植機のミニチュアやクボタグッズが記念品として贈られた。山根組合長は「1万台目になるとは夢にも思っていなかった。宝くじを当てるより難しい。記念品まで頂き大変光栄です」と笑顔を見せた。
 一本松営農組合は平成4年に設立し、組合員数17人。平成20年に立ち上げた稲作部会を中心に営農に取り組んでいる。十数年間使用した田植機が老朽化し買い替えを検討する中で、長年愛用するクボタ製品で、GS仕様田植機の導入を決めた。毎年5月の田植え時期には強い季節風が吹き付け、田んぼに泥の偏りができたり水面が波打ったりして「なかなか直進できない」のが悩みだったといい、高齢化や後継者不足による人手不足の解消や省力化も課題となっていた。
 山根組合長は「コンバインもトラクタもクボタの製品を使っているが、GS仕様の製品を導入するのは初めて。この機能があれば、オペレーターのストレスが軽減されるのではと期待している。まっすぐな田植えはなかなか難しいが、これでみんな〝一人前〟になれる。来年の田植えが楽しみ」と話した。
 直進キープ機能は、直進時にハンドル操作をしなくても自動操舵ができるため、田植機操作が不慣れでも簡単に高精度な作業が可能になる。熟練者も作業負担が大幅に軽減するとともに、苗状況や植付深さなど作業状態を確認する余裕が生まれ、作業効率も向上する。
 クボタによると、2016年の発売後、モデルチェンジや機種の拡大を経て、現在は同社の6条植以上の田植機において、GS機能を搭載した機種の販売台数が約半分を占める。19年以降は年間約2400台で推移しており、19年に発売したGS仕様トラクタとともに年々販売台数を伸ばしている。
 庄村部長は「今は6条以上の田植機でGS機能を採用しているが、4条や5条でもニーズがないか把握し、展開していきたい」と話した。同社は無人運転が可能な「アグリロボシリーズ」も展開している。

関連記事

旭陽工業 〝ねぎ丸〟でフワ盛土 柔らかい溝底で活着UP

旭陽工業 〝ねぎ丸〟でフワ盛土 柔らかい溝底で活着UP

製品シェアが24%に STIHLグループバッテリー売上高拡大 

製品シェアが24%に STIHLグループバッテリー売上高拡大 

三陽機器 アーム式草刈機発売 省力化と高効率化を推進

三陽機器 アーム式草刈機発売 省力化と高効率化を推進

キャニコム 第2期工事を始動 物流棟と出荷棟を増設

キャニコム 第2期工事を始動 物流棟と出荷棟を増設