農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > クボタとヤマハがイチゴ自動収穫ロボの米国スタートアップに追加出資

クボタとヤマハがイチゴ自動収穫ロボの米国スタートアップに追加出資

クボタとヤマハがイチゴ自動収穫ロボの米国スタートアップに追加出資
クボタ(北尾裕一社長)とヤマハ発動機(日髙祥博社長)は、このほど、米国のスタートアップ「Advanced Farm Technologies社」(以下「AFT社」)に追加出資した。
 AFT社は、自社開発したロボットによるイチゴの収穫サービスの提供により、農業生産の効率化に貢献する米国のスタートアップ企業。同社の開発したイチゴ収穫ロボットは、自動で走行し、搭載されている画像センサーとAIを用いて収穫適期にあるイチゴを瞬時に判別し、ロボットアームで果実を摘み取る。これらの自動化技術により、従来の有人での収穫作業を大幅に省力化し、オペレーション効率を最大化することができる。
 今回の追加出資により、クボタ、ヤマハ発動機両社が有する技術も活用し、AFT社が進める露地作物・果樹分野における農業自動化ソリューションの実装を目指した技術開発、事業拡大を加速していく。

関連記事

油圧ショベルなど 日野エンジン機種受注再開 コベルコ建機

油圧ショベルなど 日野エンジン機種受注再開 コベルコ建機

XAGが新型農業用散布型ドローン発売 安全、高精度な完全自動航行 “農業の未来変える”V40とP40

XAGが新型農業用散布型ドローン発売 安全、高精度な完全自動航行 “農業の未来変える”V40とP40

配合肥料生産21万t 令和4年度定時総会開く 全複工

配合肥料生産21万t 令和4年度定時総会開く 全複工

米価の見通し改善か 米穀機構 

米価の見通し改善か 米穀機構