農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > スマート農業を効率化の武器に 農地集約化が課題 北上市の㈱西部開発農産

スマート農業を効率化の武器に 農地集約化が課題 北上市の㈱西部開発農産

スマート農業を効率化の武器に 農地集約化が課題 北上市の㈱西部開発農産
「依頼された農地は断らない」を基本に掲げ、岩手県内で延べ1000ha近くを栽培する㈱西部開発農産(照井勝也代表取締役社長)。同社では、令和2年度のスマート農業実証プロジェクトを受託。中山間地域の傾斜地ほ場を合筆し、大型機械の導入を可能とすること等で、効率化を図れないか模索している。今回、実証代表の農研機構東北農研センター宮路広武グループ長補佐にご協力頂き、オンラインで照井社長に同社について、また清水一孝・生産部長にプロジェクトについて伺った。

関連記事

雇用の課題は「募集」 農業法人アンケート調査 ~岩手県~

雇用の課題は「募集」 農業法人アンケート調査 ~岩手県~

水田の有効活用等 岩手県野菜生産振興計画

水田の有効活用等 岩手県野菜生産振興計画

主要指標に見る岩手農業

主要指標に見る岩手農業

岩手県産米のブランド化へ 実需者ニーズに対応 ブランド化生産販売戦略

岩手県産米のブランド化へ 実需者ニーズに対応 ブランド化生産販売戦略