農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 日本曹達

日本曹達

新しい順  古い順
2021/05/31

日本曹達2021年3月期決算 農業化学品事業482億400万円

日本曹達(阿賀英司社長)は5月11日、2021年3月期決算(日本基準)を発表した。化学品事業および商社事業において販売が減少するなどがあったものの、農業化学品事業において輸出向け販売が堅調に推移したことなどにより、売上高は1393億6300万円(前年度比3.7%減)、営業利益は99億8000万円(前年度比22・7%増)、経常利益は127億4300万円(前年度比23・6%増)となった。

日本曹達2021年3月期決算 農業化学品事業482億400万円
2021/03/15

新社長に阿賀英司氏 ~日本曹達~

日本曹達(石井彰社長)は2月26日、組織改定及び同日開催の取締役会において4月1日付代表取締役及び執行役員の異動等を決議し発表した。敬称略・括弧内旧職。【組織改定】▽有機合成技術と高分子合成技術の融合を目的とし、小田原研究所と千葉研究所を統合して「小田原研究所」とする。【代表取締役の異動】異動の理由=経営体制変更のため▽代表取締役、取締役会長=石井彰(代表取締役、取締役社長)▽同、取締役社長=阿賀...

新社長に阿賀英司氏 ~日本曹達~
2020/11/23

日本曹達が2021年3月第2四半期決算 「モスピラン」が好調

日本曹達(石井彰社長)は11月6日、2021年3月期第2四半期決算(2020年4月1日~9月30日)を発表した。売上高は、前年同期比59億8600万円(8.9%)減少し、616億1400万円であったが、営業利益は13億3100万円(65・5%)増の33億6100万円、また、経常利益は12億6700万円(51・6%)増の37億2100万円の大幅増となった。なお、親会社株式に帰属する四半期純利益は、4...

日本曹達が2021年3月第2四半期決算 「モスピラン」が好調
2020/11/09

日本曹達が2021年3月第2四半期決算 「モスピラン」が好調

日本曹達(石井彰社長)は11月6日、2021年3月期第2四半期決算(2020年4月1日~9月30日)を発表した。売上高は、前年同期比59億8600万円(8.9%)減少し、616億1400万円であったが、営業利益は13億3100万円(65・5%)増の33億6100万円、また、経常利益は12億6700万円(51・6%)増の37億2100万円の大幅増となった。なお、親会社株式に帰属する四半期純利益は、4...

日本曹達が2021年3月第2四半期決算 「モスピラン」が好調
2020/10/19

日本曹達 ハダニ類に高い効果 殺ダニ剤「ダニオーテフロアブル」の販売を開始

日本曹達(石井彰社長)は10月14日、新規殺ダニ剤「ダニオーテフロアブル(農水省 登録番号第24213号)」の販売を開始した。 「ダニオーテフロアブル」は、同社が開発した新規化合物「アシノナピル」(開発コード:NA―89)を有効成分とする殺ダニ剤で、野菜・果樹で問題となる各種ハダニ類に対して優れた効果を発揮する。 作用機構は新規と推定され、既存剤に対して感受性の低下したハダニ類にも有効で、各種ハダ...

日本曹達 ハダニ類に高い効果 殺ダニ剤「ダニオーテフロアブル」の販売を開始
2020/08/31

黒星病の予防と治療 日本曹達が新規殺菌剤、ミギワフロアブル登録取得

日本曹達(石井彰社長)は18日、新規の農薬原体「キノプロール」を含有する殺菌剤「ミギワフロアブル」の日本における農薬登録取得を発表した。 「ミギワフロアブル」は、同社が開発した新規農薬原体キノプロール(開発コード:NF―180)を有効成分とする殺菌剤で、新規の作用機構と推定されている。有効病害範囲が広く、特に既存の薬剤に耐性を持つ菌が出現しているリンゴ黒星病に対して、予防効果と治療効果を併せ持つ殺...

黒星病の予防と治療 日本曹達が新規殺菌剤、ミギワフロアブル登録取得
2019/07/08

日本曹達、新役員体制

日本曹達は役員人事を決定した。敬称略。 ▽代表取締役社長=石井彰 ▽取締役常務執行役員=大久保俊美知(貿易管理室長兼生産技術本部長) ▽同=辻川立史(営業統括兼購買・物流部担当) ▽同=下出信行(新任・企画担当⦅総合企画、IT企画⦆兼内部統制監査室担当) ▽同上席執行役員=高野泉(新任・研究開発本部長) ▽同執行役員=町井清貴(新任・管理統括⦅総務・人事、経理)兼CSR推進統括兼総務・人事室長) ...

日本曹達、新役員体制
2018/09/24

日本曹達がプラントヘルス事業をゾエティスJから買収

日本曹達=石井彰社長、東京都千代田区大手町2-2-1=は、かねてよりゾエティス・ジャパンプラントヘルス事業の買収手続きを進めておりましたが、今年9月14 日に本買収が完了した。 今般の買収により、同社グループ農業化学品事業の製品ポートフォリオが拡充され、既存製品とのシナジー効果が生まれる。

日本曹達がプラントヘルス事業をゾエティスJから買収
2017/07/15

日本曹達が役員人事

日本曹達=東京都千代田区大手町2-2-1=は、6月29 日開催の定時株主総会及び総会終了後の取締役会、監査役会で役員人事を決定した。 新役員の陣容は以下の通り。 ▽代表取締役取締役社長=石井彰▽代表取締役専務執行役員=阿達弘之(技術統括兼貿易管理室長)▽取締役常務執行役員=羽毛田法之(企画・管理統括兼CSR推進統括兼総務・人事室長▽同=佐久間務(営業統括兼購買・物流部担当)▽取締役上席執行役員=森...

日本曹達が役員人事