農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > 南星機械

南星機械

新しい順  古い順
2022/01/11

南星機械が名古屋営業所を移転

林業機械等の開発・設計・販売・メンテナンスを手掛ける南星機械(本社=熊本県菊池市、草野隆弘社長)は1月11日、販売・サービスのさらなる充実を図るため、オカダアイヨン中部営業所とともに、名古屋営業所を「中部営業所」として移転新設する。▽㈱南星機械中部営業所=〒503―0946岐阜県大垣市浅中3―131―1▽電話0584―84―7580。

南星機械が名古屋営業所を移転
2021/12/20

南星機械が20tクラス以上の専用型木材用グラップルを市場に投入

オカダNANSEI㈱南星機械=草野隆弘社長、熊本県菊池市泗水町吉富22―1=は、20tクラス以上のベースマシン専用の、木材用グラップル「A80MR1」を市場に投入した。 本機は、つかむ、揃える、切るの作業を安全に効率よくこなす木材用グラップル。 ベースマシンは20tクラス以上専用で、圧倒的な保持力と旋回力で、大量の材を効率的に処理できる。 また、皆伐現場などで大量の木材を処理する際に大きな力を発揮...

南星機械が20tクラス以上の専用型木材用グラップルを市場に投入
2021/03/08

南星機械が新型のグラップル・地引ウインチ発売

南星機械(草野隆弘社長)は、定格荷重が2000㎏のクラスでナンバーワンを実現した新型木材用グラップル「A28ML1」と素巻径で直引力3.5tの新型地引ウインチ「NSW―30」の発売を開始した。いずれの機種も従来機より更にパワーアップするためにモデルチェンジしたもので、高効率作業、安全性が一段と向上。今期の主力商品として拡販に注力する。

南星機械が新型のグラップル・地引ウインチ発売
2020/06/08

材の大径木化に対応したオカダ南星の地引ウインチ、グラップル

オカダ南星=草野隆弘社長、熊本県菊池市泗水町吉富22―1=は、大径木集材に対応すべく開発した地引ウインチ「NSW―46」と木材グラップル「A―45PR1」の普及に力を入れている。地引ウインチはベースマシンの際まで集材することを考慮し満巻時の直引力を重視した設計で、満巻時でも3tの直引力を誇る。また、木材グラップルは従来機と比較して保持力を1.5倍アップ。また、今回グラップルの日常点検の対処法につい...

材の大径木化に対応したオカダ南星の地引ウインチ、グラップル
2019/08/05

オカダアイヨングループ周年記念式典 岡田新社長のもと結束誓う

オカダアイヨン(岡田祐司社長)は7月21日、ハイアットリージェンシー大阪で同社の80周年とグループ会社・南星機械の創業70周年と併せ「オカダアイヨングループ周年記念式典」を開催。オカダアイヨンの国内11店所、南星機械の国内11店所のほか米国、オランダ、タイ等海外勢も含めた従業員の代表390名が一堂に会して、岡田社長による新体制の下、グループが益々結束し発展していくと誓った。岡田社長は「目の前の第一...

オカダアイヨングループ周年記念式典 岡田新社長のもと結束誓う
2019/06/03

南星機械の草野新社長に聞く

「オカダアイヨンのグループ会社となって約1年半。徐々に効果がではじめているが、今年は更にステップアップを目指す」と強い決意を述べる草野隆弘新社長。高性能林業機械を開発・販売する南星機械(熊本県菊池市)は、アタッチメーカーとして比例制御式グラップルをオプション設定するなど、国内林業の機械化に大きく貢献してきた。新社長に今後の方向性などを伺った。 ――昨年度の業績は 草野社長 ほぼ例年通り。当社は高性...

南星機械の草野新社長に聞く
2019/05/20

南星機械の新型地引ウィンチが「集材スピードが速い」と好評

茨城県常陸大宮市の美和木材協同組合は、南星機械=草野隆弘社長、熊本県菊池市泗水町吉富22―1=の新商品である単胴地引ウインチ「NSW―46(最大4.6t引き)」を導入。使い勝手の良さで現場のオペレータから高い評価を得ている。 同社は生産性の向上や低コストで効率的な作業システムに資する林業機械の充実を進めており、新型ウインチもそうした考えの下で開発したもの。旧来のウインチと比べて力が強いことから集材...

南星機械の新型地引ウィンチが「集材スピードが速い」と好評
2019/02/25

南星機械のアタッチ式タワーヤーダが沖縄の実証試験で使用

林野庁の開発委託事業として開発された南星機械=草野喜行社長、熊本県菊池市泗水町吉富22―1=のアタッチメント式タワーヤーダが、沖縄県のやんばる型森林施業推進事業へ貸出が行われた。期間中に2箇所の試験伐採地でリュウキュウマツなどの集材を行い、現場から高い評価を得ていた。 平成25~27年度に実施したスイングヤーダを用いた帯状択伐の試験伐採で環境に配慮した手法の方向性は確立したものの、収穫量や地形条件...

南星機械のアタッチ式タワーヤーダが沖縄の実証試験で使用