農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 古河ユニック

古河ユニック

新しい順  古い順
2021/10/05

安全・快適な運材作業 新型林業用ユニックパル ~古河ユニック~

古河ユニック=山川賢司社長、東京都千代田区大手町2―6―4=は、世界の林業現場で活用されている高性能EPSILONクレーンの販売を行っている。最新型の林業用ユニックパルM12Zシリーズは、トラック搭載型林業用クレーンが抱える問題点である〝快適性〟〝安全性〟〝耐久性〟全てにおいて改善。オペレータのストレスを減らすことで安全な積み込み・積み降ろし作業をサポートする。

安全・快適な運材作業 新型林業用ユニックパル ~古河ユニック~
2021/07/05

山川氏が古河ユニック新社長に就任

トラック搭載型クレーン大手の古河ユニック=東京都千代田区大手町2―6―1=は、6月29日付け新役員体制を発表。山川賢司氏が代表取締役社長に就任した。また、中戸川稔前社長は古河機械金属の代表取締役社長に就任した。【新役員体制】 ▽代表取締役社長=山川賢司《新任》(営業本部長) ▽取締役副社長=村松達之(生産本部長) ▽常務取締役=藤井卓司(営業本部副本部長兼国内営業部長) ▽取締役=狩野幸雄(営業本...

山川氏が古河ユニック新社長に就任
2021/06/21

古河ユニックが新中型搭載クレーン クラス最高つり上げ性能

古河ユニック=東京都千代田区大手町2―6―1=は、中型トラック搭載型クレーン「ユニッククレーン新型G―FORCE」を発売した。 「新型G―FORCE」は、アウトリガ張出幅を拡大し、クレーン作業時の安定度を向上させた超ワイド張出タイプを新たにラインナップしたほか、クレーン主要構造部品の強度アップを図ったことで、クレーンの稼働領域を広げるとともに、クラス最高のつり上げ性能を実現した。

古河ユニックが新中型搭載クレーン クラス最高つり上げ性能
2021/01/18

作業の効率化を実現 林業用グラップルローダ ~古河ユニック~

林内作業を快適に行うために、トラック搭載型クレーン大手の古河ユニック=東京都千代田区大手町2―6―1=が開発したのが、林業用のグラップルローダUFシリーズだ。 グラップルローダとは、玉切りした原木をフォワーダに積み降ろしする際に使用する折り曲げ式クレーンに似た林業用機械。 同シリーズは木質バイオマス利用が活発化する日本の林業環境を見据えて設計しており、作業半径6.2mのリーチやストレスを感じさせな...

作業の効率化を実現 林業用グラップルローダ ~古河ユニック~
2020/11/09

古河ユニック本社移転

車載クレーン国内最大手の古河ユニック(中戸川稔社長)は、本社を移転した。10月26日から業務を行っている。これを機に更なるサービス向上に努めていくとしている。▽新住所:〒100―0004東京都千代田区大手町2―6―1朝日生命大手町ビル26階▽TEL:03―3231―8611(変更なし)▽FAX:03―3231―8261(変更なし)。

古河ユニック本社移転
2018/10/15

古河ユニックが安全機能などを強化したG-FORCEシリーズ発売

車載クレーン国内最大手の古河ユニック=東京都中央区日本橋1―5―3=は、トラック搭載型クレーン「ユニッククレーン/G―FORCEシリーズ」の安全機能を強化し、厚生労働省による移動式クレーン構造規格の一部改正に対応した安全強化モデルとして、販売を開始した。 移動式クレーンの構造規格の一部改正は、今年2月26日に厚生労働省告示第33号「クレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置構造規格等の一部を改正す...

古河ユニックが安全機能などを強化したG-FORCEシリーズ発売
2018/01/15

古河ユニックがトラック搭載型クレーン大型向け5型式を発売

古河ユニック=松戸茂夫社長、東京都中央区日本橋1-5-3=は、17年ぶりのフルモデルチェンジとなる中型・小型トラック搭載型クレーン『ユニッククレーンG―FORCEシリーズ』に続き、大型トラック搭載型クレーンもフルモデルチェンジ。URG500シリーズ5型式(3段~7段ブーム)を12月13日から販売開始した。

古河ユニックがトラック搭載型クレーン大型向け5型式を発売
2017/10/16

古河ユニックがトラック搭載型クレーン小型向け2機種を発売

車載クレーン国内最大手の古河ユニック=東京都中央区日本橋1―5―3=は、好評を得ている中型トラック搭載型クレーン「ユニッククレーンG―FORCEシリーズ」に続き、小型トラック向けにもフルモデルチェンジ。2機種7型式を今月初頭より販売を開始した。 同社はトラック搭載型クレーンの国内シェア約50%を有しており、昨年11月には需要のもっとも多い中型トラック搭載型クレーンのフルモデルチェンジを実施している...

古河ユニックがトラック搭載型クレーン小型向け2機種を発売
2017/03/01

古河ユニックのなめらかな操作性を実現した林業向けグラップルローダ

車載クレーン国内最大手の古河ユニック=東京都中央区日本橋1―5―3=は、林業作業の効率化に貢献すべく、フォワーダ架装用グラップルローダUFシリーズの販売に力を入れている。 UFシリーズは、木質バイオマス利用が活発化する日本の林業環境を見据えて新規に設計したもの。作業半径6.2mのリーチやストレスを感じさせない作業スピードを実現。また、旋回装置には使用過程で発生するガタの調整が容易にできる新機構や、...

古河ユニックのなめらかな操作性を実現した林業向けグラップルローダ