農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 保冷庫

保冷庫

新しい順  古い順
2020/09/07

過酷な夏に高機能際立つ静岡製機の低温貯蔵庫「さいこ」、白米計量保冷庫「愛妻庫」

静岡製機(鈴木直二郎社長)では、農産物低温貯蔵庫『さいこ』GBXシリーズや白米計量保冷庫『愛妻庫』の受注が好調だ。理由を「今年の長雨と猛暑も好調の一因ではないか」と同社。GBXは「従来機比40%の省エネ」のインパクトが大きいが、「周囲温度35℃でも2~20℃の温度設定が可能」という高性能も長雨・猛暑の夏に支持されたのではないか。

過酷な夏に高機能際立つ静岡製機の低温貯蔵庫「さいこ」、白米計量保冷庫「愛妻庫」
2019/09/02

アルインコが外気温40℃まで対応の新型玄米・野菜保冷庫2型式販売

アルインコ(小山勝弘社長)は、お米の保冷庫“米っとさん”シリーズに、外気温40℃まで対応できるニューモデル、玄米・野菜保冷庫「WFRシリーズ」2型式を追加、9月から販売を開始した。新型は猛暑日が続いた場合でも、問題なく庫内を設定温度に保つことができる。また、玄米・野菜モードに切り替えができ、玄米だけでなく野菜も一時保管が可能。

アルインコが外気温40℃まで対応の新型玄米・野菜保冷庫2型式販売
2018/07/23

保冷庫特集

連日の暑さ、こうした環境の中で米をはじめとした農産物の美味しさも自足させて消費者に提供することができるのが保冷庫の強みである。さらにそれらも省力的に行うことがでjきる。今後も、夏季の高温傾向は続くと見られているだけに、保冷庫は米販売にとって欠かすことが出来ない武器となっている。

保冷庫特集
2018/07/02

三菱電機冷熱が新型「玄米・農産物保冷庫」を発売 年間消費電力量を大幅削減

三菱電機冷熱応用システム(松木哲三社長)はこのほど、消費電力を削減できる、DCファンモーター採用の冷却ユニットを搭載した玄米・農産物保冷庫”新米愛妻菜っ庫”「MTRXCシリーズ」6型式の発売を開始した。 同シリーズには省エネ機能満載。マイコン式庫内温度自動管理や取外し可能なフィルター、幅広パッキン採用などの機能を装備。

三菱電機冷熱が新型「玄米・農産物保冷庫」を発売 年間消費電力量を大幅削減