農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 木質バイオマス

木質バイオマス

新しい順  古い順
2021/04/19

ボイラなど普及推進 木質バイオマス利用 ~伊藤忠マシンテクノス~

伊藤忠マシンテクノス=東京都千代田区永田町2―14―2は、「石油・ガス・化石系燃料から循環型リサイクル燃料へ」という理念により温室効果ガス削減と燃料コスト低減化を目指し、「木質バイオマス燃料」を利用したボイラなどが期待を集めている。 「木質バイオマス燃料」は、燃やしてもCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」に基づいており、植物は燃やすとCO2を排出するが、成長過程では光合成により大気...

ボイラなど普及推進 木質バイオマス利用 ~伊藤忠マシンテクノス~
2021/03/01

移動式チッパー等 木質バイオマス利用を促進

林業産出額は前述の通り増加傾向にある。なかでも、期待が高いのが木質バイオマスだ。昨年開催された「令和2年度国産材の安定供給体制の構築に向けた中央需給情報連絡協議会」でも新型コロナの影響で製材工場の原木受け入れがストップするといった状況でも、安定した需要があったことが報告されている。

移動式チッパー等 木質バイオマス利用を促進
2020/09/07

木質バイオマスエネ拡大 直近5年間で最多 林地残材等の利用進む

林業の成長産業化にとって木材の利用は不可欠。その木材利用の拡大に弾みをつける木材チップの利用量が増加している。農林水産省が8月31日に公表した「令和元年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」によると、令和元年にエネルギー利用された木材バイオマスのうち間伐材・林地残材等に由来する木材チップの量は302万9178㌧で、製材等残材や建築資材廃棄物由来が減少する中、10・4%増。平成27年の2・5倍、同年...

木質バイオマスエネ拡大 直近5年間で最多 林地残材等の利用進む
2020/07/27

熱利用推進等論点に 林業・木質バイオマス発電研究会

農水省及び経産省は7月20日、経産省内の会議室で「林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会」の第1回目を開催した。同研究会は木質バイオマス発電の発電事業としての自立化と木質バイオマス燃料の供給元としての森林の持続可能性の確保を両立させるため、農水省、経産省及び関連事業者団体等が課題認識を共有するとともに、課題解決に向けた方策を官民連携で検討する場として設置するもの。今回は研究会で議論する...

熱利用推進等論点に 林業・木質バイオマス発電研究会
2020/01/18

木材チップは930万t 木質バイオマス利用調査

林野庁はこのほど、平成30年木質バイオマス利用動向調査の結果(確報)をまとめた。 平成30年にエネルギーとして利用された木質バイオマスの量は木材チップが前年比6・6%増の930万絶乾㌧、木質ペレットが同95・2%増の73万㌧と大きく伸長。薪は同14・3%減の5万㌧、木粉(おが粉)は同9・2%減の37万㌧となった。なお、木材チップのうち間伐材・林地残材等に由来するものは同4・2%増の274万絶乾㌧と...

木材チップは930万t 木質バイオマス利用調査
2018/09/24

木質ペレット5%増 29年全国では12.7万t

林野庁はこのほど、平成29年における木質粒状燃料(木質ペレット)の生産動向をまとめた。それによると、平成29年の木質粒状燃料(木質ペレット)の生産量は前年に比べ0.6万t(5.3%)増の12.7万tであった。 都道府県別にみると、生産量上位は岡山県(2万8803t、製材残材中心)、沖縄県(2万255t、建設発生木材中心)、宮崎県(1万3984t、丸太・林地残材中心)。

木質ペレット5%増 29年全国では12.7万t
2018/03/12

ササキ・緑産がセミナー開催 各木質ボイラーを説明

ササキコーポレーション(青森県十和田市)と緑産(神奈川県相模原市)は、東京ビッグサイトで行われた「第3回国際バイオマス発電展(スマートエネルギーWeek2018内)」の日本木質バイオマスエネルギー協会ブースにおいて、木質バイオマスボイラーのセミナーを開催した。 ササキコーポレーション佐々木一智営業本部環境システム営業部部長は、予備乾燥装置付木質バイオマスボイラー「キャップファイヤー『匠』」について...

ササキ・緑産がセミナー開催 各木質ボイラーを説明
2017/10/09

バイオマス産業都市選定 新規に11市町村 間伐材、林地残材を活用

農水省など7府省は3日、バイオマス産業都市について新たに北海道滝上町など11市町村を選定。19日に農水省内で認定証の授与式を開催する。 今回選定された11市町村では間伐材や林地残材などの木質バイオマス、食品廃棄物、家畜排せつ物などを活用して発電や熱利用を行う。特に木質バイオマスを利用することによって木材の利用拡大と地域エネルギーを自給することが可能となるわけで、関連産業も含め地域農林業、経済の活性...

バイオマス産業都市選定 新規に11市町村 間伐材、林地残材を活用