農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > ヤンマーAGなど フィリピンでの水田メタン削減フェイガー社と協業に合意 二国間クレジット11月から実証試験

ヤンマーAGなど フィリピンでの水田メタン削減フェイガー社と協業に合意 二国間クレジット11月から実証試験

ヤンマーAGなど フィリピンでの水田メタン削減フェイガー社と協業に合意 二国間クレジット11月から実証試験

 ヤンマーアグリ=所司ケマル社長、岡山県岡山市=とヤンマーフィリピンは、フィリピンにおける水管理手法「Alternate Wetting and Drying(AWD)」を用いた水田メタン削減の取り組みでフェイガー=石崎貴紘社長、東京都=と協業することで合意した。本年11月頃から実証試験を行い、早期の普及と脱炭素への貢献を目指す。

  フィリピンでは、水田由来のメタンは全産業で排出される温室効果ガスの約20%を占めていると推定(CLIMATE WATCHで取得したデータを基に同社調べ)されているため、水田由来のメタン削減の必要性が高まっている。また、日本の農林水産省は、農業分野における二国間クレジット(JCM)の活用推進に向けて、ASEAN地域の水田由来のメタン排出量削減およびAWD普及促進のためのMRV(算定・報告・検証)構築の検討を進めている。
 ヤンマーアグリとヤンマーフィリピンは、フェイガーと協力してこれらの仕組みの普及を加速させ、カーボンクレジット創出による現地農業生産者の収益確保の実現と、農業分野の脱炭素化に向けて取り組みを進めていく。
【取り組み概要】本事業では、ヤンマーアグリ、ヤンマーフィリピン、フェイガーの3社で協力し、現地水田でのメタン排出・削減量、カーボンクレジット創出による農家の収益シミュレーションなどを、実証試験を通して検証する。
 ヤンマーアグリおよびヤンマーフィリピンの農業機械の販売で培ったフィリピン全土の生産者や農業関係者とのネットワークと、フェイガーのカーボンクレジットのノウハウを生かしながら、生産者と協力してカーボンクレジットを創出することを目指す。また、ヤンマーグループでは、本取り組みにより創出されたクレジットを用いてカーボンオフセットに取り組む。これにより、環境負荷低減と生産者の収益拡大を両立した持続可能な農業の発展に貢献していく。
【「Alternate Wetting and Drying(AWD)」について】AWDとは、水稲栽培において潅水制御を繰り返す水管理技術の一つ。フィリピンでは通常、水田は連続的に湛水状態であり、土壌中のメタン生成菌がメタンを発生させる。
 AWDでは、一定期間水田を乾燥させ、土中に酸素を供給することでメタン生成菌の活動を抑制し、常時湛水と比べてメタン排出量を低減(農研機構「東南アジアの潅漑水田における節水型水管理AWDによるメタン排出削減」より)するとされている。また、通常の水稲栽培では、湛水状態を保つために大量の水を使用する必要があり、水資源が十分でない地域においては、水資源の浪費が課題の一つになっている。AWDでは水田を一時的に乾燥させることで、水の使用量を大幅に削減できるだけでなく、ポンプを利用する際の燃料消費量の低減が見込まれるとされており(Rice Science for Decision―Makers Vol.11)、温室効果ガス削減の観点からも注目されている手法だ。

関連記事

アグリアタッチ 3種のうね立て可能 マルチロータリー「マジック」

アグリアタッチ 3種のうね立て可能 マルチロータリー「マジック」

ヤンマー 水素混焼率30%で EP400Gが実証運転成功

ヤンマー 水素混焼率30%で EP400Gが実証運転成功

スズテック JA長野展に初出展 省力化に繋がる製品PR

スズテック JA長野展に初出展 省力化に繋がる製品PR

デリカ 新型自走マニア展示 長野フェスタでも製品披露

デリカ 新型自走マニア展示 長野フェスタでも製品披露