農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > データ駆動型農業へ 施設園芸向け生産・労務管理サービス  NTTアグリテクノロジー

データ駆動型農業へ 施設園芸向け生産・労務管理サービス  NTTアグリテクノロジー

データ駆動型農業へ 施設園芸向け生産・労務管理サービス  NTTアグリテクノロジー
NTTアグリテクノロジー(東京都新宿区)は、施設園芸向けの生産・労務管理サービス「Digital Farmer」を2月1日から提供開始した。生産者の一連業務のデジタル化・データ活用による効率化を実現し、安定した農業経営をサポートする。
 主な機能は、作業者の実績管理や、シフト計画自動策定、受発注管理で、農業経営で重要な収量の安定化や管理負担の軽減、適正な労務管理を実現する。サービスの特長は次の通り。
《ダッシュボードによる圃場全体の作業進捗・収穫実績のリアルタイム把握》作業別の進捗状況や当日の収穫状況をリアルタイムに把握することで、管理者は作業遅れを早期に発見してタイムリーな指示を行い、計画的な安定出荷を実現する。
《感覚的なUIで作業情報を簡単登録》作業者がスマートフォンを使って作業内容や作業場所(区画・列)、作業開始及び終了時間等の作業情報を記録し、正確な作業実績データを収集し作業状況の見える化を図る。感覚的なUIで簡単に作業登録が可能で、作業者の負担にならない。
《データに基づく作業計画・シフトの自動作成》勤務人数や作業者の特性(スキルレベル・作業効率データ等)により、自動で作業割当・シフト策定を行うことで、管理者のシフト組み立ての業務負担を軽減し、最適なシフトを提案する。作業者は自身のスマートフォンから作業予定を確認可能。
《圃場の形状に合わせた柔軟なマスタ設定》作業者、管理者共に使いやすい画面デザインで、実際の圃場レイアウトに合わせて区画や品種、作業道具の設定・管理が可能。例えば、1区画に複数品種を栽培している場合、品種ごとに細かな設定ができるので、正確なデータ収集ができる。
 なお、自然災害やエネルギー・資材価格の高騰など、農業経営を取り巻くリスクの増大を踏まえ、料金は、初期費用を抑えて導入しやすい売上連動型(圃場の年間売上に応じて利用料金が変動する料金プラン)と月額固定型(圃場面積に応じた料金プラン・利用したい機能を選べる料金プラン)を用意している。

関連記事

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

北村製作所 充電式刈払機に特化 お買い得セットも発売中

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

昭和ブリッジ 新型「苗コンテナ」 24年1月から1割価格圧縮し発売

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

アグリアタッチ 工具なしで組換え マルチロータリ「マジック」

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有

ヤンマー アグリ、ロボ/オートトラ発売 操作性さらに向上 コンとほ場データを共有