農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 新宮商行、ポンセ最新機械を展示

新宮商行、ポンセ最新機械を展示

新宮商行、ポンセ最新機械を展示

世界クラスの作業能力 新機能「アクティブクレーン」

 新宮商行=坂口栄治郎社長、林業機械部:小樽市銭函2―32―1=は、茨城林業機械展で国内でも関心を高めているポンセ社のハーベスタ、フォワーダの中から中~大型モデルの最新鋭林業機を展示。キャビンの快適さの体験と共に、オペレータ作業の負担を軽減する「アクティブクレーン」など、ポンセマシンによる作業の効率化や作業環境の向上を発信する。

 世界屈指の林業機械メーカー・ポンセ社製品の日本総代理店である新宮商行によると、ハーベスタヘッドでは従来の13tクラスショベル用のH6より大型のH7が導入増加してカラーマーキング機能や全旋回ローテータ等のオプション装備の選択、ホイールマシンでは急斜面に対応するためのアシストウィンチオプション仕様の導入など、作業の機械化・効率化に関する機能への関心や活用方法がますます多様化しているという。
 そうした点を踏まえ、会場には①ハーベスタマシンBearを初披露させるほか②ホイール式フォワーダBuffalo③ハーベスタヘッドH6+無限旋回ローテータHH360仕様を出展。Bearはポンセ社製ハーベスタマシン最大の25tクラスで高い生産能力を誇る。Buffaloは最大積載量14tとポンセフォワーダで世界でも人気のモデルで、同機はスウェーデンからポンセユーザーのカタリーナ・カウハネン氏をオペレーターに招いて材の積み込み・積み降ろし実演の他、メンテナンス整備を考えた便利な機能を紹介する。
 ハーベスタヘッドH6に装着するHH360は同ヘッドの無限旋回を可能にするオプションのローテータで、ホースのねじれや予期せぬ破損を心配することなくヘッドを自由に回転できるので、作業のスピードアップにつながる点を披露する。
 また、「アクティブクレーン」はフォワーダのローダーやハーベスタのクレーンの操作方式について、従来の各部のシリンダの動きを操作する方式から、先端のグラップルやハーベスタヘッドを移動させたい方向へ操作する新しい操作方法。複雑な複合動作をする必要が無く、高度な作業に集中できると世界のオペ―レータからも高評価を得ており是非注目を。
 新宮商行では質の高い製品や機能を発揮できるようパソコンのリモート機能を利用したコントローラの点検調整サポート(リモートサポート)をアフターサービスに導入。コントローラを操作する必要がある点検や設定調整について迅速に対応。作業を止めない体制に磨きをかけている点を最後に紹介する。

関連記事

第5回日本伐木チャンピオンシップ 髙山選手(矢守産業)優勝 チェンソー技術日本一競う

第5回日本伐木チャンピオンシップ 髙山選手(矢守産業)優勝 チェンソー技術日本一競う

目指せ林業プロ 我が社のホープ 地元と交流深めたい  氏原林業の鈴木武文さん

目指せ林業プロ 我が社のホープ 地元と交流深めたい  氏原林業の鈴木武文さん

目指すは林業のプロ 京都森林組合の鶴野雄太さん 目指せ林業プロ 我が社のホープ

目指すは林業のプロ 京都森林組合の鶴野雄太さん 目指せ林業プロ 我が社のホープ

主伐面積は1万835‌ha 機械器具取扱高11億円 4年度森林 組合一斉調査

主伐面積は1万835‌ha 機械器具取扱高11億円 4年度森林 組合一斉調査