農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 大島農機 4層式遠赤乾燥機RXシリーズ

大島農機 4層式遠赤乾燥機RXシリーズ

大島農機 4層式遠赤乾燥機RXシリーズ

より早く強く正確に 多様なニーズへ6型式

 大島農機(大島浩一社長)では「より早く・より強く・より正確に」をコンセプトに発売した4層式遠赤外線乾燥機『RXシリーズ』(OPRA)45/55/65/75/85/100石6型式が、生産者の多様なニーズを捉え、非常に好評だ。麦の乾燥にも最適。乾燥部を4層式にすることで、穀物の水分ムラによる乾燥への影響を大きく改善。乾燥効率向上、省エネも実現。

 大島農機=新潟県上越市寺町3―10―17=のRXシリーズ(OPRA)の機種名の『RX』は「Royaltemper〝X〟」。この〝X〟には「未知への領域。かつてない性能で生産者様の強い味方に」の想いを込めたという。また『OPRA』はOshima Professional Rice Agrister。主な特長は次の通り。
《乾燥部4層構造による基本性能向上と水分ムラ軽減》▽乾燥部を4層式にすることで、穀物の水分ムラによる乾燥への影響を大きく改善。高水分やバラつきのある穀物の乾燥効率向上、省エネを実現した▽また標準仕様での麦乾燥も可能▽外筒と側板の間が熱風路となり寒冷地における結露が発生し難い▽通風性能向上により機内のゴミ堆積量も大幅に減少▽基本性能の向上:張込が50%向上(同社従来機比)、排出は35%向上(スロワ排出は除く、同社従来機比)、乾燥は10%向上(同社従来機比)。
《耐久性、耐摩耗性の向上》消耗部品の耐久性向上。搬送スクリュウ、窒化処理により耐摩耗性を最大75%向上(同)。大容量型8インチバケット採用により20%向上(同)。
《メンテナンス性向上》非常時の穀物排出のため、ロータリーバルブ残留開閉機構を搭載。
《充実したオプション》
▽高所点検台、安全囲いつき垂直梯子など安全に対する装備も用意▽昇降機後付け部品、前後左右へのスロワー、増枠など様々なレイアウトに対応する。
【価格(税込)と処理量・機体寸法】①小売価格(本体+据付工事費)②処理量(560㎏/㎥)③機体寸法(全長×全幅×全高)。
 ※所要動力は全型式とも三相200V。最大同時使用電力も全型式3・45‌kW。
《RX100》①420万2000円+22万円②籾=800~1万㎏、小麦=970~1万200㎏③3270×1620×7780㎜。
《RX55》①308万円+8万8000円②籾=800~5500㎏、小麦=970~6600㎏③3270×1620×5460㎜。
《RX45》①297万円+7万7000円②籾=800~4500㎏、小麦970~5500㎏③3270×1620×4880㎜。
【オプション】▽増枠5石=19万8000円▽架台130(中間2脚)=1万8480円▽落下シュー(組み)=3万3000円▽後カバー中央=7万2600円▽横ホッパ=8万1840円▽サイレンサー=7万9200円▽昇降機後方取付部品=7万2600円▽昇降機後方取付前ホッパ=17万1600円▽外付スロワ右側左右傾斜RX=24万4200円▽外付スロワ左側前後傾斜RX=25万7400円▽外付スロワ右側前後傾斜R=23万7600円▽パイプ120914(120×900㎜)=1万560円▽パイプ120457(120×450㎜)=5280円▽燃料タンク164(164ℓ)=7万2710円▽非常停止スイッチ=2万9150円。


      RⅩを導入したライスセンター

 ライスセンターでもRⅩシリーズは好評だ。大島農機では、長年培ってきたノウハウを活かし、予算に合わせてバリエーション豊富な組み合わせを提案している。
 規格ライスセンターの1例としては、50‌haの施設にRX65+5を4台を核として組み込み、1日3‌ha(280石)の高品質な乾燥調製を行うことができる。

関連記事

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

シンジェンタジャパン社長・小林久哉氏に聞く 「食糧増産と気候変動 課題解決のリーダーに」

ヤンマーアグリ、所司ケマル社長に聞く 「逆境を成長の糧に挑戦 グローバルで活躍する企業へ」

ヤンマーアグリ、所司ケマル社長に聞く 「逆境を成長の糧に挑戦 グローバルで活躍する企業へ」

【現地ルポ】熊本市の「子出藤農園」 紙マルチを剥がさず耕せる

【現地ルポ】熊本市の「子出藤農園」 紙マルチを剥がさず耕せる

緑地管理の課題解決へ オートモアセミナー開催 ハスクバーナ・ゼノア

緑地管理の課題解決へ オートモアセミナー開催 ハスクバーナ・ゼノア