農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 高さ2.5mタイプ人気 最新フレコン自動計量機 ケーエス製販

高さ2.5mタイプ人気 最新フレコン自動計量機 ケーエス製販

高さ2.5mタイプ人気 最新フレコン自動計量機 ケーエス製販
ケーエス製販=熊谷訓社長、新潟県燕市小池1502―1=は、先頃行われた石川商会の展示会で主要な製品を出展。その中で注目したのが昨年発売したフレコン自動計量機「フレコンハイパー」のライトタイプだ。タンク位置が自在に変えられる従来シリーズの特長を継承しながら、高さを2.5mに抑えたことで、これまで導入できなかった農家から大好評を得ている。

 ケーエス製販のフレコンハイパーは、正確な計量と共に、使いやすさから発売以来好評を得ている。最大の特長は作業場に応じて最適なレイアウト構成が可能なこと。昇降機とタンクが独立構造になっているため昇降機とタンクの入れ替えが可能。3方向からフレコンバッグに投入できるので、「スペースを有効に活用することができる」と好評を得ている。こうした点に加えてユーザーからの多様な要望に応えた機能を搭載するなど、バージョンアップを繰り返してきたことも支持される要因となっている。
 フレコンハイパーはタンク増量タイプの311シリーズ(タンク容積約540㎏)、レギュラータイプの281シリーズ(同約450㎏)をラインアップしてきたが、〝もう少し高さが低いものがあれば〟との要望を受けて昨年発売したのが今回紹介するライトタイプ250シリーズだ。全高はレギュラータイプの281シリーズから30㎝抑えた2.5mのエアータイプ(FHR)で、タンク容積は約360㎏。昇降機の最大処理能力を大幅にアップさせたほか、フォークリフト無しでも出し入れが可能。マグネット式で好みの場所に設置可能な計量終了パトランプを装備している。
 〝このサイズであれば高さのある作業場でなくても導入できる〟と発売以来、大好評。フレコン出荷が増えていることから今年も新規顧客獲得を見込んでいる。「新たなモデルを加えたことで規模に応じた提案ができるようになった。従来タイプと合わせて推進していきたい」と熊谷社長は述べた。
【主な共通特性】▽タンク排出量調整シャッター=残留米を素早く排出することでストレスなく作業できる▽出口オートシャッター=予測計量なく正確な計量が可能(秤装備仕様のみ)▽スタンド式指示計=任意の場所で操作が可能。わかり易い操作パネルを用意▽使いやすい秤部=キャスター付で一人でも簡単に移動や収納が可能▽コンパクトに収納可能=不使用時は本体を秤の間に収納できコンパクトな収納スペースで済む▽オートサンプル装置=採取後自動回転。任意でサンプル回数、サンプル量の設定ができる。

関連記事

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

山本製作所 ライスセンターの話題 YouTubeで配信

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs