農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > ホクエツ「さらっとプロ」好評 高速脱水でそのまま播種

ホクエツ「さらっとプロ」好評 高速脱水でそのまま播種

ホクエツ「さらっとプロ」好評 高速脱水でそのまま播種
ホクエツ=浅野智行社長、新潟県燕市物流センター2―29=の高速種籾脱水機『さらっとプロ』が、その名前の通りプロ農家から関心を集めている。〝従来タイプよりもっと大きい容量が欲しい〟との要望を受けて開発した乾燥モミ16㎏タイプで、わずか5分の高速脱水でそのまま播種することができる。北海道内の展示会会場でも関心を呼んでいた。

 収量と品質の向上は健苗育成から。その鍵となる作業のひとつが種籾の水切り(脱水)。同社の種籾脱水機「さらっと」シリーズは高速脱水による抜群の水切りを実現。そのまま播種作業ができるので作業時間が大幅に短縮できると喜ばれている。
 使い方はシンプル。種籾袋(催芽モミ)を入れて蓋をしめて運転スイッチを押すだけ。独自の電気制御式オートブレーキ採用で、仕上がりまで手間いらず。運転スイッチを押して作業が終了すると自動停止し、完了ブザーで知らせてくれる。高速脱水で仕上がった籾は握っても手に付かないほどサラッとしていて、直播用種もみの脱水にも使用可能。「モミを広げて乾燥させる手間が省け作業時間が短縮でき、今までの苦労が無くなった」など、作業の軽減に威力を発揮している。
 さらっとシリーズは、乾燥モミ投入量12㎏で作業時間4分の「さらっと/SD―12BRC」、乾燥モミ投入量8㎏、作業時間2~3分の100V仕様の小型種籾脱水機「さらっとジュニア/SDJ―8C」の2モデルをラインアップしていたが、規模拡大が進む現場からの要望に応えるべく大容量タイプ「さらっとプロ/SDP―16」を昨年発売。乾燥モミ投入量16㎏で作業時間がわずか5分という作業能力を実現。直径10㎝のキャスターも付いているので移動も楽に行える。登場以来、〝作業時間を大幅に短縮できる〟とプロ農家を中心に非常に好評で、供給が一時追い付かなくなるほどの人気商品に。そうした流れは今シーズンも継続しているようで、今展示会会場でも来場者が足を止め、説明に耳を傾けていた。
【さらっとプロの主な仕様】▽寸法=全長645㎜、全幅730㎜、全高1020㎜▽重量=90㎏▽電源=三相200V500W▽投入量=乾燥モミ:16~18㎏、催芽モミ:約20㎏▽脱水時間=約5分。

関連記事

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

新型の「食品洗浄機」 タイガーカワシマがFOOMA2024で初披露

山本製作所 ライスセンターの話題 YouTubeで配信

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

Jアグリ九州、農業に力 課題解決のヒントが集結 

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs

山形県南陽市でアグリロボ田植え グランド ハイアット 東京が体感 スマート農機のSDGs