農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 石原バイオサイエンス、スワルバンカ―ロング 長期間天敵を放出

石原バイオサイエンス、スワルバンカ―ロング 長期間天敵を放出

石原バイオサイエンスは、新規天敵製品「スワルバンカーロング」を10月5日からJA全農を通じて販売する。「スワルバンカーロング」は、スワルスキーカブリダニを製剤化した生物農薬「システムスワルくんロング」(パック製剤)と天敵保護資材「バンカーシート」を組み合わせたセット製品となっている。
 同製品は2017年から販売している従来品の「スワルバンカー」をリニューアルし、従来品と比べ長期間天敵を放出し、安定した防除効果を発揮する。
 同製品は栽培期間中の化学農薬の散布回数の削減に貢献できるものと期待されている。
 同社では、同製品と園芸化学農薬(ウララDF、ランマンフロアブルなど)とを組合せた独自のIPM(総合的病害虫管理)防除体系を確立し、生産者にこれまで以上に貢献していく、としている。
【特長】「システムスワルくんロング」は、製剤パック内に天敵の餌が2種類含まれている。これらが時間差で天敵の餌になるため、天敵の放出期間・総放出量も増加する。天敵の放出期間が長い程、圃場への天敵の定着数は増加し、害虫防除効果は安定する。なお使用時期は発生直前から発生初期。
【適用(2022年9月末時点)】▽野菜類(施設栽培、ただしトマト、ミニトマト除く)=アザミウマ類、コナジラミ類、チャノホコリダニ▽かんきつ(施設栽培)=ミカンハダニ▽マンゴー(施設栽培)=チャノキイロアザミウマ▽びわ(施設栽培)=ミカンハダニ▽花き類・観葉植物(施設栽培)=アザミウマ類。

関連記事

バイエルクロップサイエンス、事業戦略発表会 水稲雑草テーラーメイド防除

バイエルクロップサイエンス、事業戦略発表会 水稲雑草テーラーメイド防除

ドローンの適正使用  現状と課題を共有 JCPA 農薬工業会

シンジェンタ、リゾケアの実証実験 参加者に使った感想聞く

シンジェンタ、リゾケアの実証実験 参加者に使った感想聞く

協友アグリ、殺ダニ剤販売開始 にら、ほうれんそう