農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > クボタ アクセンチュアと合弁会社 デジタルとデータで 地球規模の社会課題解決

クボタ アクセンチュアと合弁会社 デジタルとデータで 地球規模の社会課題解決

クボタ アクセンチュアと合弁会社 デジタルとデータで 地球規模の社会課題解決
クボタ(北尾裕一社長)とアクセンチュア(江川昌史社長)は30日、クボタグループの事業モデルや事業運営基盤のデジタル変革を加速する合弁会社㈱クボタデータグラウンドを設立し、9月1日から事業を開始した。同社はクボタグループのDXを推進する戦略機能子会社。クボタグループの食料・水・環境分野における社会課題の解決をデジタルの力で支援する。

 クボタデータグラウンドは先端のデジタル技術とデータを活用し、食料・水・環境分野ならびに気候変動の緩和と適応に向けた新たなソリューションの創出を目指す。また、デジタルによる既存事業の強化と高度化に向け、デジタル人財の育成ならびに社内外サービス・データをつなぐデジタルプラットフォームの整備を手掛ける。今後取り組んでいく主な活動は①サステナビリティソリューションの創出②ビジネストランスフォーメーションの推進③デジタル人財の創出④クラウドベースのDXプラットフォームの構築―の4つ。
《サステナビリティソリューションの創出》食料・水・環境分野における「データの収集・分析・活用」を進め、各分野のビジネスプロセスを効率的なものへと変革し、サステナブルなソリューションの構築を進める。
 食料分野においてはIoT・AI・クラウド技術により、作物や農地のデータを活用して農業全体の生産性を向上させる。生産から流通にいたるまでのフードバリューチェーン全体を見据え、食料にまつわる諸課題の解決のほか、新たな付加価値の創出を目指す。水分野においては、都市インフラの災害に対するレジリエンス向上や水インフラの延命につながるソリューション創出に取り組む。環境分野においては、さまざまな廃棄物を回収・選別し、電力や肥料、有価金属の再生産へと循環させる資源回収ソリューションを構築していく。
《ビジネストランスフォーメーションの推進》デジタル技術を活用してクボタの既存サービスの強化、品質向上や、より安全に働く環境づくりなど、事業の効率化および高度化を推進する。この取り組みの一環として、工場内の作業機器や車両に取り付けたRFIDタグやセンサーから収集されるデータや、作業員に配布されるモバイルアプリを活用し、作業効率の最適化や事故を未然に防ぐ仕組みを取り入れたスマートファクトリー化を進める。また、製品の設計・開発、製造にいたるプロセスをデジタル上で再現する「デジタルツイン」を構築することで、グローバルレベルでデータに基づく意思決定の迅速化、業務の自動化・省力化や標準プロセスの整備を加速させ、インテリジェント・オペレーションへの変革を目指す。
《デジタル人財の創出》2024年12月末までに1000名程度の業務のデジタル変革を推進する業務系DX人財と高い専門性をもつ技術系DX人財の育成を目指すほか、経営幹部を対象にしたデジタルワークショップや全社員向けの教育プログラムなどを通じて、クボタ全体でのデジタル人財創出を目指す。業務系DX人財に対しては、様々な社内外のDX事例を学ぶワークショップや実業務の課題解決に繋げる実践的なカリキュラムを想定している。
《クラウドベースのDXプラットフォームの構築》さらなるグローバルでの事業拡大を見据えた、データ駆動型で柔軟な経営の意思決定の実現にむけて、センサーから収集した収穫・生育情報や外部の気象情報といったクボタ内外のさまざまなデータやノウハウの蓄積・共有を可能にするクラウドベースのDXプラットフォームを「Microsoft Azure」上に構築する。また、グローバル66拠点におけるITガバナンス強化のほか、グローバル全体でセキュリティリスクを検知する体制の整備、海外セキュリティ担当者に対するトレーニングの実施などによって、グローバルなセキュリティの高度化を実現する。
【クボタ・北尾裕一社長談】クボタは創業以来、人類の生存に必要な食料・水・環境の分野で事業活動を通じて社会課題を解決してきました。近年は気候変動や食料・水不足問題など、グローバルレベルで課題が複雑化・多様化しており、その解決にはデジタル技術を活用したトータルソリューションが不可欠です。豊かな社会と自然の循環にコミットする〝命を支えるプラットフォーマー〟を標ぼうするクボタは、アクセンチュアとの合弁会社を基軸としてソリューション開発と事業基盤の強靭化を加速させ、事業成長と社会課題解決の両立に挑戦し、持続的な企業価値向上にむけて取り組んでいきます。
【アクセンチュア・江川昌史社長談】アクセンチュアでは、お客様のみならず、お客様に関わるすべてのステークホルダーに360度で価値を提供することを目指しています。クボタは食料・水・環境分野で地球規模の課題解決に取り組むリーダー企業であり、クボタとの合弁会社は、まさにアクセンチュアが目指す理念を加速させるものです。データ、クラウド、AIのさらなる活用やDX人材の育成など、当社が持つ強みを存分に発揮し、サステナブルな社会の実現に尽力してまいります。
【合弁会社について】▽会社名:㈱クボタデータグラウンド▽所在地:大阪市浪速区敷津東1丁目2番47号▽発足時期:2022年9月▽主な業務①デジタル戦略の立案、企画及び実行②情報システムの企画、設計、開発、運用、販売、管理及び保守③ソフトウェア、アプリケーション及びインフラストラクチャ等の設計、開発及び運用④人材育成及び能力開発のための教育、研修の受託並びにこれらに関するコンサルティング⑤情報の収集・分析・管理及び情報処理並びに情報提供⑥前各号に付帯関連する一切の事業▽出資構成:クボタ85%、アクセンチュア15%▽従業員:約50名。
【アクセンチュアについて】同社は、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナルサービス企業。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、テクノロジー、オペレーションズサービス、アクセンチュアソングの領域で、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供している。同社は71万人の社員が、世界120カ国以上の顧客に対してサービスを提供している。同社は変化がもたらす力を受け入れ、顧客、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出する。

関連記事

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断  システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断 システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機