農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 農地の効率的な利用へ 岩手農業振興地域整備方針 12年14万8700‌ha目指す 集積・集約化などを推進

農地の効率的な利用へ 岩手農業振興地域整備方針 12年14万8700‌ha目指す 集積・集約化などを推進

農地の効率的な利用へ 岩手農業振興地域整備方針 12年14万8700‌ha目指す 集積・集約化などを推進
本紙8面で紹介している岩手県北上市の西部開発農産のインタビューでも指摘されている通り、農用地の維持を図るためには、農地の集積・集約化は欠かせない。集積・集約も含め、岩手県の農用地をどのように利用していくのか。県では、5月17日、令和3年度岩手県農政審議会農地部会を開催、岩手県農業振興地域整備基本方針案を示した。同方針は現在国との調整を行っているところであり、間もなく正式決定される見込みとなっている。

関連記事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保の強化へ 生産資材安定確保 肥料価格急騰への対策検討 骨太の方針

食料安保の強化へ 生産資材安定確保 肥料価格急騰への対策検討 骨太の方針

尿素は94%の上昇 令和4肥料年度秋肥価格 JA全農

尿素は94%の上昇 令和4肥料年度秋肥価格 JA全農