農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > ヤマハ

ヤマハ

新しい順  古い順
2021/06/21

ジャパンドローン展開催 サービスも続々

ジャパンドローン展が6月14~16日、幕張メッセで開催された。農業、林業、物流、建設など様々な分野に向けたドローンやサービスが一堂に集まり、水中ドローンや人を載せるドローンなども紹介された。来場者からは「ドローン自体は珍しいものではなくなった。ドローンを利用したサービスが増えた印象」という声も。各セミナーも開かれ、「進むスマート農業に寄与するドローンの役割」と題してドローン・ジャパンの春原久徳氏ら...

ジャパンドローン展開催 サービスも続々
2021/06/14

農業の省力・効率化へ Yield社と共同開発 ~ヤマハ~

ヤマハ発動機(静岡県)は、このほどオーストラリアのスタートアップ「The Yield Technology Solutions社」(以下「Yield社」)とスマート農業に関する共同開発契約を締結した。 この共同開発を通じデジタル技術とロボティクスを活用した農業の生産性向上を目指す。

農業の省力・効率化へ Yield社と共同開発 ~ヤマハ~
2020/03/23

ヤマハモーターパワープロジェクトがカセットボンベ式新型インバータ発電機を発売

ヤマハモーターパワープロダクツ=静岡県掛川市逆川=は手軽に扱えるカセットボンベを燃料とするインバータ発電機「EF900iSGB」に新機能を織り込んだ「EF900iSGB2」を、4月1日から発売する。販売はヤマハ発電機販売店やホームセンターなど。メーカー希望小売価格(税別)は14万3000円。販売計画は年間1000台(国内)。

ヤマハモーターパワープロジェクトがカセットボンベ式新型インバータ発電機を発売
2019/07/08

ヤマハが自動運転事業強化へ ティアフォーへ追加出資

ヤマハ発動機は、低速の自動運転技術開発の強化や知見獲得を目的として、自動運転の実現に必要な自動運転OS(Autoware※)の開発などに取り組む株式会社ティアフォー(以下ティアフォー)への追加出資を決定した。 両社はこのたびの追加出資を通じて、Autowareの安全品質(製品安全や機能安全)の向上、製品の量産に必要な知見の共有、販売/サービスなどでの相互連携を深め、自動運転関連事業の早期の事業化を...

ヤマハが自動運転事業強化へ ティアフォーへ追加出資
2018/11/26

農水省が12月21日マッチング開催 果樹の新技術実装へ

農水省は、12月21日に農水省講堂で開催する「農業現場における新技術の実装に向けたマッチングミーティング」(第4回果樹)の出展社を発表した。 果樹生産に活用できる各技術テーマでの出展企業は次の通り。 【アシストスーツ】▽ATOUN▽イノフィス▽クボタ▽CYBERDYNE▽サステクノ▽パワーアシストインターナショナル▽ユーピーアール 【鳥獣害対策】▽アイエスイー▽イームズロボティクス▽NTTPCコミ...

農水省が12月21日マッチング開催 果樹の新技術実装へ
2018/10/08

ヤンマーの日本酒等 グッドデザイン賞2018発表

今年度のグッドデザイン賞が3日発表され、業界関係では、本田技研工業の商用車「N-VAN」が「ベスト100」を受賞、またヤンマーがデザインした日本酒「沢の鶴X01」や、ヤマハ発動機の除雪機「YSFシリーズ」と産業用ドローン「YMR-08」、キャタピラージャパンの油圧ショベル「CAT320」、工機ホールディングスの「マルチボルトシリーズ」等がグッドデザイン賞を受賞した。また、ロングライフデザイン賞には...

ヤンマーの日本酒等 グッドデザイン賞2018発表
2018/08/06

ヤマハの青い除雪機の新型 機能・デザイン進化し9月発売

ヤマハモーターパワープロダクツは、“青い除雪機”シリーズ40周年を機に、独自の静音設計で好評の小型モデルについて外観や日常的な扱いやすさ・機能の向上と名称変更を行い、2018年9月1日から新発売する(6月から予約受付中)。変更する製品は「YS860」「同1070T」「同1070J」と、除雪ブレードを標準装備した「同860―B」「同1070T―B」の5モデル。

ヤマハの青い除雪機の新型 機能・デザイン進化し9月発売
2017/12/05

ヤマハの青い除雪機「スノーメイト」 湿った重い雪にも対応

ヤマハモーターパワープロダクツの青い除雪機スノーメイトの昨季より一回り大きい今季モデル、小型・ベーッシクタイプの「YS1070T―B」の受注が順調な滑り出しだ。 同機はブルドーザーのように雪を押し集める‘除雪ブレード’を標準装備。雪質や積雪量に合わせて使い分けも可能だ。近年の地球温暖化で湿った雪やシャーベット状の雪が増えてきたという地域で注目度が高い。 また既存モデル「YS1070T」に装着できる...

ヤマハの青い除雪機「スノーメイト」 湿った重い雪にも対応
2017/10/30

ヤマハ発動機が待望の国産ドローン来秋本格販売開始 無人航空機散布の市場拡大へ

ヤマハ発動機はこのほど、農薬散布用ドローンのプロトタイプ「YMR―01」を発表した。2018年に先行市場投入、同年秋本格発売予定。ヤマハ発動機はドローン市場への参入で無人航空機による散布の市場拡大を図る。ヤマハが開発した国産ドローン「YMR-01」は二重反転ローターの特徴を活かした設計と、軽量カーボン製ボディにより1フライト当たり1㌶の連続散布と、同社産業用無人ヘリコプターに匹敵する散布品質を実現...

ヤマハ発動機が待望の国産ドローン来秋本格販売開始 無人航空機散布の市場拡大へ
2017/10/09

ヤマハ発動機が農薬散布用ドローン発表 無人ヘリの新型や新型「除草剤散布ボート」も

ヤマハ発動機はこのほど、散布精度のさらなる向上を支援する「ターンアシスト」を搭載した産業用無人ヘリコプター「FAZER・R(フェーザー・アール)2018年モデル」を12月1日から発売すると発表。10月11~13日、幕張メッセで開催された「国際次世代農業EXPO」にも出展、初披露した。 また、優れた薬剤散布性能に貢献する「二重反転ローター」を採用した産業用マルチローター(通称ドローン、来年発売予定)...

ヤマハ発動機が農薬散布用ドローン発表 無人ヘリの新型や新型「除草剤散布ボート」も
2017/10/09

ヤマハ発動機人事異動

ヤマハ発動機は10月15日付人事異動を発表した。敬称略。カッコ内旧職。 【事業部長統括部長級人事異動】 ▽中村克=ビークル&ソリューション事業本部UMS事業推進部長(ビークル&ソリューション事業本部UMS事業推進部企画戦略グループGL)。 【部長級人事異動】 ▽齊藤伸彦=海外市場開拓事業部企画推進部長兼海外市場開拓事業部CS部長(YIMM(インドネシア)出向)▽遠藤征寿=ビークル&ソリューション事...

ヤマハ発動機人事異動
2017/05/08

ヤマハとやまびこが農業用ドローン開発などで業務提携 

ヤマハ発動機(柳弘之社長、静岡県磐田市新貝 2500)と、やまびこ(永尾慶昭社長、東京都青梅市末広町1―7―2)は4月26日、利用拡大が進むドローン市場において、マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化に関する業務提携に合意したことを発表した。

ヤマハとやまびこが農業用ドローン開発などで業務提携 
2017/04/27

ヤマハとエンルートがドローンで業務提携を検討 海外展開、市場開拓などで

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)とエンルート(埼玉県ふじみ野市)はこのほど、産業用ドローン事業での業務提携に向けた検討を開始した。 各々の製品や事業を活用し、①農薬散布ドローンを始めとした産業用ドローン事業のグローバル展開②精密農業、各種インフラ点検、測量など各産業でドローンを利用した新規市場の開拓での協業を目指すとしている。

ヤマハとエンルートがドローンで業務提携を検討 海外展開、市場開拓などで
2017/04/27

ヤマハモーターパワープロダクツが”青い除雪機”の2018年モデルを8月に発売

ヤマハモーターパワープロダクツは、コンパクトな本体に優れた除雪能力を備える“青い除雪機”ヤマハスノーメイトの2018年モデルとして、除雪ブレードを標準装備する小型・ベーシックタイプの「YS1070T-B」を8月1日から発売する(6月1日予約開始)。 除雪ブレードは湿った雪やシャーベッド状の雪をブルドーザーのように押し集める器具で、雪質や積雪量に合わせて使い分けが可能。 また既存モデル「YS1070...

ヤマハモーターパワープロダクツが”青い除雪機”の2018年モデルを8月に発売
2017/03/22

ヤマハ発動機が軽量で扱いやすい除草剤散布用無人ボート発売 

ヤマハ発動機は、水稲栽培での“田植”や“直播”の前後に遠隔操作で除草剤散布作業ができる無人ボート「WATER STRIDER」(ウォーターストライダー)を開発、4月25日に発売する。 「WATER STRIDER」は、水田を滑走しながら除草剤を船底から散布する全長約1.6mの無人ボート。エンジン駆動のプロペラの風で推進し、操縦は専用送信機で行う。(免許不要)

ヤマハ発動機が軽量で扱いやすい除草剤散布用無人ボート発売 
2016/12/07

ヤマハの変わる雪質に対応する除雪機 パワフルな中型 使い分けのできる小型

今年は各地で早い時期の積雪が観測され、除雪機販売への追い風が期待されている。ヤマハモーターパワープロダクツ=静岡県掛川市逆川242‐2=では今シーズン向け除雪機市場に、近年の暖冬化の影響による湿った重い雪、不安定な降雪量を考慮し、よりパワフルで扱いやすい中型4モデルと、積雪量・雪質に合わせてロータリー式除雪またはブレード式除雪を使い分けられる小型2モデルを発売したが、これらも好調に滑り出し、本格シ...

ヤマハの変わる雪質に対応する除雪機 パワフルな中型 使い分けのできる小型
2016/08/08

ヤマハの不安定な冬に対応した青い除雪機2017年版6モデル

ヤマハモーターパワープロダクツ=静岡県掛川市逆川242‐2=は2016~17年シーズンに向けて、暖冬の影響による湿った重い雪、不安定な降雪量を考慮し、よりパワフルで扱いやすい中型4モデルと、積雪量・雪質に合わせてロータリー式除雪またはブレード式除雪を使い分けられる小型2モデルを導入する。 発売10月。現在予約受付け中。

ヤマハの不安定な冬に対応した青い除雪機2017年版6モデル