農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
TOP > ヤマハ

ヤマハ

新しい順  古い順
2021/06/21

ジャパンドローン展開催 サービスも続々

ジャパンドローン展が6月14~16日、幕張メッセで開催された。農業、林業、物流、建設など様々な分野に向けたドローンやサービスが一堂に集まり、水中ドローンや人を載せるドローンなども紹介された。来場者からは「ドローン自体は珍しいものではなくなった。ドローンを利用したサービスが増えた印象」という声も。各セミナーも開かれ、「進むスマート農業に寄与するドローンの役割」と題してドローン・ジャパンの春原久徳氏ら...

ジャパンドローン展開催 サービスも続々
2021/06/14

農業の省力・効率化へ Yield社と共同開発 ~ヤマハ~

ヤマハ発動機(静岡県)は、このほどオーストラリアのスタートアップ「The Yield Technology Solutions社」(以下「Yield社」)とスマート農業に関する共同開発契約を締結した。 この共同開発を通じデジタル技術とロボティクスを活用した農業の生産性向上を目指す。

農業の省力・効率化へ Yield社と共同開発 ~ヤマハ~
2020/03/23

ヤマハモーターパワープロジェクトがカセットボンベ式新型インバータ発電機を発売

ヤマハモーターパワープロダクツ=静岡県掛川市逆川=は手軽に扱えるカセットボンベを燃料とするインバータ発電機「EF900iSGB」に新機能を織り込んだ「EF900iSGB2」を、4月1日から発売する。販売はヤマハ発電機販売店やホームセンターなど。メーカー希望小売価格(税別)は14万3000円。販売計画は年間1000台(国内)。

ヤマハモーターパワープロジェクトがカセットボンベ式新型インバータ発電機を発売
2019/07/08

ヤマハが自動運転事業強化へ ティアフォーへ追加出資

ヤマハ発動機は、低速の自動運転技術開発の強化や知見獲得を目的として、自動運転の実現に必要な自動運転OS(Autoware※)の開発などに取り組む株式会社ティアフォー(以下ティアフォー)への追加出資を決定した。 両社はこのたびの追加出資を通じて、Autowareの安全品質(製品安全や機能安全)の向上、製品の量産に必要な知見の共有、販売/サービスなどでの相互連携を深め、自動運転関連事業の早期の事業化を...

ヤマハが自動運転事業強化へ ティアフォーへ追加出資