農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > スカイマティクス

スカイマティクス

新しい順  古い順
2021/06/21

大規模圃場の効率化 穂海農耕がスカイマティクスの葉色解析「いろは」導入

スカイマティクスは9日、新潟県上越市の有限会社穂海農耕でドローンを使った葉色解析サービス「いろは」を実演した。「いろは」は、ドローンで撮影した農地の画像をクラウド上で管理するサービス。更に解析を行うと水稲では雑草の発生箇所や生育ムラ、葉物野菜では収量診断等が行える。これまで行っていた圃場の見回り作業を省力化できるだけでなく、収量の予測等にも役立てることができる。穂海農耕の丸田洋社長も「いろは」を導...

大規模圃場の効率化 穂海農耕がスカイマティクスの葉色解析「いろは」導入
2021/06/07

スカイマティクスのドローンで生育診断 キャンペーンで体感

スカイマティクス(東京都中央区日本橋本石町)は、ドローンを使った葉色解析サービス「いろは」の従量課金プラン(1.2万円/年)に申し込んだユーザーを対象に、初回の解析&撮影を無料提供するキャンペーンを実施している。 キャンペーンでは、ドローンの操作は、同社が派遣するオペレーターが行う。対象のサービスは、水稲の雑草解析やキャベツ・レタスの画像診断、ブロッコリーの花蕾解析だ。例えばキャベツ解析では、結球...

スカイマティクスのドローンで生育診断 キャンペーンで体感
2020/09/28

スカイマティクスが「らいす」提供開始、スマホで米粒等級判定

葉色解析サービス「いろは」を展開するスカイマティクス=渡邉善太郎社長、東京都中央区=は、スマホ写真ひとつで玄米等級判定を行うことができるスマホアプリ「らいす」の提供を開始した。 アプリ内のカメラで撮影した米粒画像を、農水省が定める玄米の検査規格を参考にした独自のAIシステムで自動解析し玄米等級の目安を判定・表示するというもの。

スカイマティクスが「らいす」提供開始、スマホで米粒等級判定
2019/11/11

スカイマティクス 「くみき」リニューアル

スカイマティクス=渡邉善太郎社長、本社:東京都中央区=は、ドローン計測サービス「くみき」のリニューアルを図り一度に最大2000枚の画像を自動処理する機能を実装し、エンタープライズプランとして12月1日から提供を開始する。広大な現場の地形データを自動生成したいというユーザーの要望に応えたもの。また、これに併せて「早期契約キャンペーン」も実施する。 「くみき」はドローンで撮影した連続画像を、クラウド上...

スカイマティクス 「くみき」リニューアル
2019/05/27

スカイマティクスがドローン実証へ 燕市で先進技術導入実験

スカイマティクス=渡邉善太郎社長、東京都中央区=は、新潟県燕市と「先進技術導入実験事業業務委託」を開始した。 既存農業従事者の高齢化や農地集積、集約化による経営面積増大等により、農作業におけるドローン・ICT等の先進技術を活用した省力化等の必要性が高まっている。こうした中で先進技術がもたらす効果・有効性等の検証を行うもので、今年度で2年目となる。 今年度は、ドローンによる直播に加えて、生育情報の画...

スカイマティクスがドローン実証へ 燕市で先進技術導入実験
2018/08/20

新潟市スマート農業企業間連携PJ 中間報告会開催 ヰセキ信越など参画企業が出席

新潟市では、平成30年度から企業が有する革新的技術を組み合わせ、データに基づく水稲の栽培管理を行う実証プロジェクト「スマート農業企業間連携実証プロジェクト」を新たに立ち上げた(本紙5月21日号既報)。 同プロジェクトでは、これまで、ICT田植え機による田植えや人工衛星、ドローンによるリモートセンシングなどを実施し様々な農業データや解析結果を得た。これを受け、8月9日、新潟市南区役所味方出張所で中間...

新潟市スマート農業企業間連携PJ 中間報告会開催 ヰセキ信越など参画企業が出席
2018/07/16

スカイマティクスが葉色解析サービス「いろは」を7月6日からスタート

スカイマティクス=東京都中央区日本橋本石町四丁目2番16号=は、7月6日、農業分野向けの葉色解析クラウドサービス「いろは」の提供を開始した。 クラウドサービス「いろは」は、葉色画像の診断・管理をインターネットを通じ簡単に行うことができるサービス。

スカイマティクスが葉色解析サービス「いろは」を7月6日からスタート
2018/05/21

新潟市「スマート農業企業間連携PJ」スタート 井関農機など6者が参画

新潟市は企業が有する革新的技術を組み合わせ、データに基づく水稲の栽培管理を行う実証プロジェクト「スマート農業企業間連携実証プロジェクト」を新たに立ち上げた。 プロジェクト開始にあたり、5月15日、新潟市南区役所味方出張所で、連携事業者の新潟市、井関農機、ヰセキ信越、スカイマティクス、国際航業、ウォーターセルの6者が共同記者会見を開催した。また、当日は、井関農機の可変施肥・直進アシストシステム付田植...

新潟市「スマート農業企業間連携PJ」スタート 井関農機など6者が参画