農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > カワサキ機工が’23フェスタカワサキ開催

カワサキ機工が’23フェスタカワサキ開催

低重心タイプの新型乗用摘採機

低重心タイプの新型乗用摘採機

乗用型摘採機の新型「低重心設計タイプ」、有機栽培に対応した除草機「蒸気除草機」等

カワサキ機工=川﨑洋助社長、静岡県掛川市=は、11月3~4日、同社特設会場で2023フェスタカワサキを開催、2日間で約2000名が来場した。乗用型摘採機の新型「低重心設計タイプ」、有機栽培に対応した除草機「蒸気除草機」等の茶園機械のほか新機構の蒸機H―MRW、カーボンニュートラルに貢献する煎茶ラインの提案ND煎茶&碾茶ラインの(新製品の揉込機『ティーコンプ』含む)等を展示、茶畑から消費者まで一連の機械群で提案した。
 フェスタカワサキはこれまで、新型コロナ禍に配慮し規模を絞っての開催だったが、今回は通常開催に戻した。「人手不足は益々深刻になっている。茶業の維持・発展に欠かせないのは、やはり効率化と省力化だ。それと同時に新しいお茶のスタイル、高品質も求められている。そうした機械を開発していくことが我々の使命と思っている」(川﨑社長)。会場では、各種のお茶の試飲も行って新しい茶業の展望を提案、生産者を元気づけた。
 茶園機械では、低重心設計で傾斜地に対応した乗用型複合摘採機『KJ6CNDS』を新商品として紹介した。
【乗用型複合摘採機『KJ6CNDS』】特徴は①低重心設計のコンテナタイプ乗用型摘採機で傾斜地でも安心して摘採できる②本機の仕様選択により複合作業機アタッチメントの取付が可能③幅可変機構を運転席反対側に移動することにより、更に視認性がアップ④刈取部のスライド板により茶芽の長さ調節が簡単に行える⑤スマートシリーズをラインナップに追加し、アグリオン農業日誌アプリとの連携ができる(別途、アグリオンとの契約が必要)。
 ※スマートシリーズはカワサキスマートコネクトへのデータ通信機能を持たせた機械シリーズとなる(注文時オプション)
《仕様》▽エンジン=クボタ3気筒ディーゼル▽排気量=1123㏄▽定格出力=18・1‌kW/2800rpm-1(24・3‌PS/2800rpm)▽機体寸法=全長2350×全幅2180×全高2190㎜▽軌間(可変)=1600~1800㎜、1650~1850㎜、1700~1900㎜、1750~1950㎜▽安全登坂角度=15度以下(作業条件や圃場の状況により変動する)▽有効刈高さ=530~890㎜(360㎜ストローク)▽コンテナ容量=1.6㎥。
【乗用型除草機KJST8】お茶の輸出は右肩上がりで伸びており、有望な分野だが、これには海外の農薬残留基準に抵触する心配のない有機栽培が推奨されている。その有機栽培の課題の1つが手間のかかる除草だ。蒸気となる水のタンクは400ℓ。処理能力は10a当たり約30分。タンク満タンで3~4時間蒸気を出し続けることができるという。1回で約60aを処理可能。燃料は重油及び軽油。
 特徴は①ボイラーで沸騰させた蒸気を畝間に直接吹き付けるので、茶樹を枯らすことなく雑草のみを枯らすことができる②除草作業後24時間程度で、効果を確認できる③繰り返し除草作業を行うことにより雑草の生えにくい茶園になる。
《仕様》▽エンジン=ヤンマー3気筒ディーゼル▽機体寸法=全長2500(除草格納時)×全幅2190×全高2870㎜▽安全登坂角度=15度以下▽ボイラー=換算熱量180㎏/h。
【揉込機ティーコンプ】スクリューの推進作用と、出口テーパー部のバネの反発力によって茶葉同士に強い揉み込みがかかることで、粗揉機をかけたような茶葉になる。ミル芽でも形状を潰してしまうことなく揉み込むことができるので、上級茶から硬葉化した多収量茶まで従来ラインと同等の品質で製茶できる。胴部がスライドするので胴部内の清掃も容易だ。

関連記事

旭陽工業 〝ねぎ丸〟でフワ盛土 柔らかい溝底で活着UP

旭陽工業 〝ねぎ丸〟でフワ盛土 柔らかい溝底で活着UP

製品シェアが24%に STIHLグループバッテリー売上高拡大 

製品シェアが24%に STIHLグループバッテリー売上高拡大 

三陽機器 アーム式草刈機発売 省力化と高効率化を推進

三陽機器 アーム式草刈機発売 省力化と高効率化を推進

キャニコム 第2期工事を始動 物流棟と出荷棟を増設

キャニコム 第2期工事を始動 物流棟と出荷棟を増設