農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > ヤンマーHDの小型エンジンの量産工場、世界市場に向け稼働

ヤンマーHDの小型エンジンの量産工場、世界市場に向け稼働

ヤンマーHDの小型エンジンの量産工場、世界市場に向け稼働
ヤンマーホールディングス(山岡健人社長)は、インド共和国タミル・ナドゥ州に建設した産業用小型エンジンの新工場の量産稼働を1月28日に開始した。当初はITLで生産しているヤンマーブランドのトラクター向けなどに産業用エンジンを生産・供給し、2022年度以降はグローバル市場に向けて展開していく。
 急速に経済成長が進むインドなど新興国では、農業機械や建設機械の普及に伴い今後も産業用エンジンの需要拡大が見込まれている。ヤンマーでは、2018年11月9日にエンジン部品のサプライヤーが集積するインドに「Yanmar Engine Manufacturing India Pvt.ltd」を設立し、グローバルな産業用エンジン拡販の重要拠点として新工場の稼働準備を進めてきた。
 新工場は、15‌kWから37‌kWクラスの産業用エンジンにおいて年間8万台の生産能力を有する。将来的には生産能力16万台も視野に入れ、経済成長が期待されるインドをはじめ、需要が旺盛な欧米やアジアなどの地域に供給していく計画だ。
 新工場には日本と同等の生産システム・品質管理システムを導入し、高品質なエンジン生産を実現。また、年間発電量138万kWhの太陽光パネル設置による再生可能エネルギーの活用や雨水利用、緑地帯の整備など環境にやさしい工場として運営していく。
【新工場概要】▽会社名=Yanmar Engine Manufacturing India Pvt.ltd▽所在地=インド共和国タミル・ナドゥ州Origins工業団地▽敷地面積=12万9300・16㎡▽工場敷地面積=2万3708㎡▽生産品目=産業用ディーゼルエンジン▽生産能力=年間8万台▽従業員数=130名(2022年1月現在)。

関連記事

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

やまびこ JLCチャンピオン 今井選手とアンバサダー契約

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断  システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

KSASとレイミーのAI病害虫雑草診断 システム連携へ モニターテスト開始 クボタと日本農薬

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

つり上げ能力75t 新開発クローラクレーン コベルコ建機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機

苗箱洗浄プラント 1時間1000枚の高能率 斎藤農機