農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > ヤマホ工業

ヤマホ工業

新しい順  古い順
2020/09/28

ヤマホ工業の「カートジェッター」 立体・平面野菜に最適防除

ヤマホ工業(今川良成社長)は、1台で立体・平面野菜に最適防除ができる「カートジェッターGR型シリーズ」(GR型1輪・2輪・3輪)の発売を開始した。GR型は、各ノズルに新しいホルダー「ノズル角度切替式」を採用。これにより散布方向を約10度ずつ変えることができる。また、ダイヤフラム式チャッキバルブとロックキャップ(特許品)装備。

ヤマホ工業の「カートジェッター」 立体・平面野菜に最適防除
2020/04/27

軽量で作業負担軽減 ヤマホ工業から切替畦畔CPPSタイプ

ヤマホ工業(今川良成社長)は、さらに軽くなり作業負担の軽減を実現した「切替畦畔CPPSタイプ15型・20型・28型・35型」を開発、6月下旬からの発売を予定している。新型は、従来品切替畦畔カーボンタイプに比べ約100g軽量。また、遠距離ノズルと近距離ノズルを分離、切替えて別々に散布することで、効果的に散布作業が行える噴口となている。

軽量で作業負担軽減 ヤマホ工業から切替畦畔CPPSタイプ
2018/10/08

ヤマホ工業がカーボンタイプ2型式を発売

ヤマホ工業(今川良成社長)は、このほど軽量・高強度・腐食に強いカーボンパイプを採用した「エースガンⅠ型カーボンタイプ」と「ペットズームⅡ型カーボンタイプ」を開発した。本体とバルブロッドを真鍮製からカーボン製に変更し、同社従来品重量比が約9%の軽量化を実現(エースガンⅠ型カーボンタイプ)。手元グリップで、狭角から広角に変えられる。

ヤマホ工業がカーボンタイプ2型式を発売
2018/01/02

ヤマホ工業が六角形の散布竿を採用した「ラクポール」発売へ

ヤマホ工業(今川良成社長)はこのほど、業界初の六角形の散布竿を採用、反りが少なく楽に散布作業が行える「ラクポール」(特許出願済み)5型式を開発、新春から発売を開始する。 新型の楽ポールはいずれも伸縮式で最長3mまで散布竿を伸ばすことが可能。また、手元にレバー式コックがあるため、噴霧・停止が簡単にでき、切替時も両手で作業できる。

ヤマホ工業が六角形の散布竿を採用した「ラクポール」発売へ
2017/06/14

ヤマホ工業が反りが少なくしなりに強い新広角カーボン噴口を発売

ヤマホ工業(今川良成社長)はこのほど、反りが少なく、しなりに強い「新広角カーボン噴口」4型式を開発、本格発売を開始した。 新型はビスを使わない新方式のノズルホルダー(特許出願済み)と取り外しも簡単な新ロックキャップ(特許品)を採用している。 新広角カーボン噴口には5・6・7・8頭口の4型式があり散布現場に応じた噴口を選べる。

ヤマホ工業が反りが少なくしなりに強い新広角カーボン噴口を発売
2017/04/05

ヤマホ工業がマルチ自在噴口発売 低圧力で遠距離散布が可能

ヤマホ工業(今川良成社長)はこのほど、低圧力で遠距離散布ができる、新型の「マルチ自在噴口(G1/4)」の発売を開始した。マルチ自在噴口は、先端部の角度を3方向に変えることができ、さらに先端調整部を約一回転回すことにより、噴霧パターンを直射から広角の変えることが可能(特許出願済)。人力噴霧機やバッテリー動噴・背負動噴に最適。

ヤマホ工業がマルチ自在噴口発売 低圧力で遠距離散布が可能