農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > 岩手

岩手

新しい順  古い順
2020/10/05

子実用トウモロコシ栽培の普及へ 汎用コンで収穫実演

水稲直播及び子実用トウモロコシ普及促進会(事務局:農研機構東北農業研究センター、以下普及促進会)は9月28日、岩手県紫波町の農事組合法人水分農産の圃場等で「子実用トウモロコシ栽培」収穫・調製実演会を開催した。普及促進会は水稲直播栽培及び子実用トウモロコシの栽培技術の普及拡大を目的に今年設立されたもの。当日は汎用コンバイン(YH1150(ヤンマー)及びWRH1000C(クボタ))による収穫作業及びフ...

子実用トウモロコシ栽培の普及へ 汎用コンで収穫実演
2020/08/24

いわてスマート農業展 二戸市と北上市で

岩手県は8月26日、9月5日に「2020いわてスマート農業展」を開催する。これは平成29年度から開催されてきた「いわてスマート農業祭」を新型コロナ感染対策で規模・内容を絞ったもの。8月26日は県北向けに二戸市シビックセンターで開催される「北いわてスマート農業サロンキックオフシンポジウム」として、9月5日は県央・県南向けに岩手県農業研究センターの一般公開デーの中で開催する。 革新的な経営改善が期待で...

いわてスマート農業展 二戸市と北上市で
2020/06/15

岩手全国農機展中止

岩手県農業機械協会(松田博之会長)は、6月10日に開催された総会(書面開催)で『令和2年度第75回岩手県全国農業機械実演展示会』の開催中止を決定した。同展示会は、昭和21年に戦後の復興と食料増産を目的に「第1回農機具展示会」(主催:岩手県農機具協会)を開催してから74回にわたり1度も休むことなく開催されてきた。同協会では「皆様の健康が第一。断腸の思いの決断」と話した。

岩手全国農機展中止
2018/08/20

岩手から発信!スマート農業祭NEO これからの農業へ

ICTの進歩により、各地でスマート農林業技術の導入が行われている。GPSや自動運転技術、ドローン、圃場・施設管理など様々な技術があるが、大規模化する農林業で、それらは作業効率化や軽労化、収益増等に不可欠なものとなりつつある。 岩手県では、昨年のスマート農業祭に続き8月24・25日、「いわてスマート農業祭NEO」を開催。今年は林業分野へ出展範囲を広げ、さらに多分野の技術が展示されることとなる。ここで...

岩手から発信!スマート農業祭NEO これからの農業へ
2017/09/04

第1回いわてスマート農業祭に精鋭60社余が出展 達増知事も参観・体験

岩手県が主催する「2017いわてスマート農業祭」が8月25~26日、岩手産業文化センターアピオで開催された。 それに先立ち「いわてスマート農業推進研究会設立総会」を同所会議室で開催、また達増拓也知事が、クボタの自動運転トラクタや丸山製作所の産業用マルチローターの圃場実演、アリーナ内のゼロアグリの次世代養液土耕システムのコーナーなどを参観した。 場内には、60社余が出展、岩手県全国農機実演展示会との...

第1回いわてスマート農業祭に精鋭60社余が出展 達増知事も参観・体験
2017/08/24

岩手県全国農機展特集

第72回「岩手県全国農業機械展示会2017」が、8月24日㈭~26日㈯の3日間、滝沢氏の岩手県産業文化センター(アピオ)で開かれる。主催は 岩手県農業機械協会(会長・松田博之氏)。 最新機械などの展示と実演で新たな時代に対応した農業体系を提示する。 今回は岩手県全国農機展を特集、岩手県の畜産動向―県などの資料から(3面)、主催者の松田岩手農機協会会長に聞く(3面)、岩手県全国農機実演展示会の小間割...

岩手県全国農機展特集
2017/02/08

岩手県産米新品種「金色の風」キックオフイベント開催

岩手県は1月31日、岩手県盛岡市のホテルメトロポリタン盛岡NEW WINGで今秋デビューする新品種「金色の風」の生産・販売キックオフイベントを開催した。 「金色の風」は、平成22年から「コシヒカリを超えるお米」を目標に「岩手県にしかない最高水準の食味を持つお米」として開発が進められてきた品種。県では全国5位以内の高い相対取引価格を目指すとしている。 その特徴として、ふわりとした食感と豊かな甘み、変...

岩手県産米新品種「金色の風」キックオフイベント開催