農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
TOP > アルインコ

アルインコ

新しい順  古い順
2021/04/19

外気温40℃まで対応 玄米・野菜保冷庫を拡販 ~アルインコ~

アルインコ(小林宣夫社長)は、暑い日が続いてもお米を美味しく保つ、周囲温度40℃対応モデル、玄米・野菜保冷庫「WFR16HG」「同10HGL」2型式の拡販に注力している。最大のポイントは、上部ユニットのパワーアップにより、外気温が35℃を超える猛暑日でも問題なく保冷できる。また、玄米・野菜モードに切り替えでき、野菜も一時保管できる。

外気温40℃まで対応 玄米・野菜保冷庫を拡販 ~アルインコ~
2020/07/20

「厳選」1種1選 秋の戦略商品ベスト13 【アルインコ:新型玄米・野菜保冷庫】

コロナ禍の中〝秋商戦〟がスタートした。例年なら全国で賑々しく開催されている展示会も今年は、来場者数を絞っての商談会として行われるなど様変わり。コモノ商品にとっては〝売りづらい〟状況が続いている。ところが、農家が欲しいのは〝これがあれば便利〟〝これがあればもっと付加価値を付けられる・利益が出せる〟といった本当に役立つコモノ商品だ。本紙では農業を頑張る全ての担い手に〝儲かる農業〟を提案している。そうし...

「厳選」1種1選 秋の戦略商品ベスト13 【アルインコ:新型玄米・野菜保冷庫】
2020/03/23

アルインコが玄米用の4袋タイプ 4月から全国発売開始

アルインコ(小林宣夫社長)は、収穫したお米を大切に保管する玄米専用低温貯蔵庫〝米っとさん〞LHRシリーズに、従来品よりコンパクトな小型4袋タイプ「LHR―04」をラインナップに追加、4月から発売を開始する。ニューモデルは、幅802×奥行590×高さ1300〜1340各㎜と小型で、低い天井場所や軒先に設置でき、価格もリーズナブル。

アルインコが玄米用の4袋タイプ 4月から全国発売開始
2020/01/18

アルインコ、新社長に小林宣夫氏

アルインコ=大阪市中央区高麗橋4―4―9=は役員異動を行い、常務取締役の小林宣夫氏が代表取締役社長に昇格、小山勝弘社長は相談役に就任した。 就任日は2019年12月23日。 【アルインコ役員異動】 ▽代表取締役社長=小林宣夫(常務取締役) ▽相談役=小山勝弘(代表取締役社長)。 《敬称略》 【小林亘夫社長の略歴】 1980年関西大経卒、同年4月大阪銀行(現関西みらい銀行)入行、08年9月取締役執行...

アルインコ、新社長に小林宣夫氏
2019/09/02

アルインコが外気温40℃まで対応の新型玄米・野菜保冷庫2型式販売

アルインコ(小山勝弘社長)は、お米の保冷庫“米っとさん”シリーズに、外気温40℃まで対応できるニューモデル、玄米・野菜保冷庫「WFRシリーズ」2型式を追加、9月から販売を開始した。新型は猛暑日が続いた場合でも、問題なく庫内を設定温度に保つことができる。また、玄米・野菜モードに切り替えができ、玄米だけでなく野菜も一時保管が可能。

アルインコが外気温40℃まで対応の新型玄米・野菜保冷庫2型式販売
2017/04/19

アルインコが定温米びつクーラ発売開始 1・2合独立計量レバーを採用

アルインコ、住宅機器事業部=小山勝弘社長、大阪市中央区高麗橋4-4-9=は、新しく計量レバーを採用した「定温米びつクーラー」AYWシリーズ3型式の本格発売を開始した。 新型のポイントは、1合、2合独立計量レバーを採用したところ。左レバーは1合、右レバーは2合(同時押しで3台の計量はできない)。米受けトレイは7合(白米・玄米)まで入る。

アルインコが定温米びつクーラ発売開始 1・2合独立計量レバーを採用
2017/03/15

アルインコの玄米氷温貯蔵庫が一年中新米の味を継続できると好評

アルインコ(小山勝弘社長)は”氷温モード”で玄米を熟成させ、旨味・甘みを引き出す、業界初の玄米氷温貯蔵庫「熟っ庫(うれっこ)」EWHシリーズを市場に投入。高い評価を得ており拡販に注力している。 熟っ庫はマイナス1℃の氷温モードで40日補完、玄米のデンプンが分解しブドウ糖や加藤などの糖類を蓄えることで美味しさを熟成させる。

アルインコの玄米氷温貯蔵庫が一年中新米の味を継続できると好評