農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > イネWCS拡大へ 農研機構が熊本で現地検討会を開催

イネWCS拡大へ 農研機構が熊本で現地検討会を開催

イネWCS拡大へ 農研機構が熊本で現地検討会を開催
農研機構は10月29日、熊本県宇城市で「令和2年度農研機構重点普及成果『イネホールクロップサイレージ(以下、イネWCS)』現地検討会」を開催した。農研機構が開発した「イネWCS生産体系」の普及を促進し、イネWCSの栄養収量向上による乳牛・肉用牛向け飼料の低コスト化の実現を支援するため、現地実証ほ場で農研機構が開発した極短穂茎葉型品種「つきすずか」等の収穫・調製実演などを行った。「イネWCS生産体系」は糖分含量が高く長稈多収な品種を用い、微細断飼料収穫機で収穫、サイレージ用乳酸菌を添加し、バンカーサイロまたはロールベールで調製するというもの。当日は熊本県の行政や普及担当者を中心に、農業団体等38人が参加した。

関連記事

【カーボン・オフセットで森づくり61】浦河町で優駿育む森づくり、クレジットで町の環境整備

【カーボン・オフセットで森づくり61】浦河町で優駿育む森づくり、クレジットで町の環境整備

急斜面も安定作業 アテックスが新型の歩行型草刈機発売

急斜面も安定作業 アテックスが新型の歩行型草刈機発売

開発・製品化サポート 不二商会、農作物でバウムクーヘン

開発・製品化サポート 不二商会、農作物でバウムクーヘン

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討