農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 2年産収穫量 主食用は3.2万㌧減、作況は99の下方修正に

2年産収穫量 主食用は3.2万㌧減、作況は99の下方修正に

2年産収穫量 主食用は3.2万㌧減、作況は99の下方修正に
農水省は10月30日に令和2年産水稲の10月15日現在の作況指数を発表した。作況は99の「平年並み」で、9月15日現在の101から下方修正した。
 全国の10㌃当たり予想収量は531㌔㌘。この結果、予想収穫量は776万7000㌧で前年産に比べ5000㌧の増加が見込まれるが、主食用の予想収穫量は722万9000㌧で、前年産に比べ3万200㌧の減少が見込まれる。20年産の適正生産量の709~718万㌧を依然超過しており、減産が必要だ。

関連記事

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

脱炭素社会実現へ 農水省が新たな温暖化対策を検討

脱炭素社会実現へ 農水省が新たな温暖化対策を検討

CLTの活用促進へ 関係閣僚会議新ロードマップ作成目指す

CLTの活用促進へ 関係閣僚会議新ロードマップ作成目指す

林野庁で特措法の改正など審議 市町村の間伐支援

林野庁で特措法の改正など審議 市町村の間伐支援