農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 病害虫発生予報第8号 ハスモンヨトウ注意、カンザワハダニ多発

病害虫発生予報第8号 ハスモンヨトウ注意、カンザワハダニ多発

病害虫発生予報第8号 ハスモンヨトウ注意、カンザワハダニ多発
農水省はこのほど、令令和2年度病害虫発生予報第8号を発表した。
 向こう1カ月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)は、ハスモンヨトウの発生が東北、北陸、東海、近畿、中国、四国、北九州の一部で多くなることが予想されている。病害虫予報第7号の発表以降、福島県、滋賀県、兵庫県及び愛媛県から注意報が発表。老齢幼虫になると薬剤が効きにくくなるため、ほ場内の発生状況に注意しつつ、若齢幼虫期をとらえた防除が必要。
 カンザワハダニの発生が南関東、東海及び近畿の一部の地域で多くなると予想されており、翌春の病害虫防除を効率的かつ効果的に実施するため、本虫の越冬量を低下させ、翌春の発生を抑制することが重要。秋整枝後に茶園の裾部をよく観察し、発生密度が高い場合には、休眠期前までに薬剤散布実施が必要。

関連記事

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

脱炭素社会実現へ 農水省が新たな温暖化対策を検討

脱炭素社会実現へ 農水省が新たな温暖化対策を検討

草刈り・除草ワールド盛況 3日間で5800名

草刈り・除草ワールド盛況 3日間で5800名

バイエルが事業戦略説明会を開催 農業分野でのデジタル戦略で精密農業への貢献へ

バイエルが事業戦略説明会を開催 農業分野でのデジタル戦略で精密農業への貢献へ