農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 令和2年産水稲の作柄9月15日現在で101 作付面積は157万ha

令和2年産水稲の作柄9月15日現在で101 作付面積は157万ha

令和2年産水稲の作柄9月15日現在で101 作付面積は157万ha
農水省は9月30日、令和2年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況を公表した。
 作付面積(青刈り面積を含む)は157万5000㌶で対前年産比9000㌶の減少が見込まれる。うち、主食用作付見込面積は136万6000㌶で同1万3000㌶の減少を見込んでいる。
 9月15日現在の作柄は、7月の低温、日照不足等の影響がみられる地域がある一方、北海道、東北及び北陸においては、登熟も順調に推移していると見込まれることから、全国の10㌃あたり予想収量は539㌔㌘となった。また、農家等が使用しているふるい目幅ベースの全国の作況指数は101と見込んでいる。

関連記事

路網延長4万6000㎞ 国有林野の管理経営状況 ~令和2年度~

路網延長4万6000㎞ 国有林野の管理経営状況 ~令和2年度~

全国平均作柄100に 「東高西低」の傾向依然続く ~3年産米~

全国平均作柄100に 「東高西低」の傾向依然続く ~3年産米~

飼料用米過去最高11万ha 主食米作付6.3万ha減 新規需要米生産広がる

飼料用米過去最高11万ha 主食米作付6.3万ha減 新規需要米生産広がる

林産物レポート創刊 木材に関するデータ公表 ~林野庁~

林産物レポート創刊 木材に関するデータ公表 ~林野庁~