農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 果樹基本方針 果樹は生産強化へ転換、減産から増産基調へ機械作業体系導入進める

果樹基本方針 果樹は生産強化へ転換、減産から増産基調へ機械作業体系導入進める

果樹基本方針 果樹は生産強化へ転換、減産から増産基調へ機械作業体系導入進める
農水省は「果樹農業の振興を図るための基本方針」を策定、今後の果樹行政を行うための基本方向を示した。全体的には、従来のような、供給過剰に対応した生産抑制的な施策から、低下した供給力を回復し、生産基盤を強化(増加)するための施策に転換するとしている。このための生産現場では、経営規模の大小といった条件にかかわらず、省力樹形や機械作業体系の導入による労働力生産性の質的向上や担い手の明確化と園地の次世代への円滑な経営の継承を進めていく。

関連記事

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

持続可能な農業へ 農水省がみどりの食料システム戦略を検討

脱炭素社会実現へ 農水省が新たな温暖化対策を検討

脱炭素社会実現へ 農水省が新たな温暖化対策を検討

CLTの活用促進へ 関係閣僚会議新ロードマップ作成目指す

CLTの活用促進へ 関係閣僚会議新ロードマップ作成目指す

林野庁で特措法の改正など審議 市町村の間伐支援

林野庁で特措法の改正など審議 市町村の間伐支援